雄大な自然が織りなす原風景

雄大な自然が織りなす原風景
鳥海山から望む庄内平野と日本海

庄内は山形県の日本海側に面した地域で、月山、羽黒山、湯殿山で構成する出羽三山や、出羽富士と呼ばれる鳥海山などの多くの山々に囲まれた、自然豊かな地域です。
また、日本海に注ぐ最上川、赤川、月光川等、多くの河川が流れており、その恵がもたらす肥沃な大地は、日本有数の穀倉地帯として知られています。
海、山、川、それぞれが四季折々の情景を見せてくれる自然豊かな地域です。

日本海に沈む夕日

庄内の海は、長さ約35キロメートルと日本一の長さを誇る庄内砂丘が続いており、湯野浜、浜中あさり、西浜など、あわせて12もの海水浴場があります。
また、江戸時代に「瀬のし」と呼ばれる一枚板で波乗りが行われた様子を綴った記録があり、日本におけるサーフィン発祥の地とされています。
海中には山々のミネラルなどの栄養分が含まれた伏流水が海に流れ込み、海流によって庄内浜沖の寒流と暖流がぶつかりあう海域へ運ばれ、その栄養で肥えたプランクトンをエサにする様々な魚が集っており、四季を通して約130種もの魚種が水揚げされています。


出羽富士「鳥海山」

庄内は、北は鳥海山、東は月山、南は朝日連峰と、多くの山々に囲まれています。
その中のひとつ、古くから信仰のお山とされている月山・羽黒山・湯殿山からなる出羽三山では、羽黒派古修験道の修験場として今尚「秋の峰」と呼ばれる山伏修行が行われています。
また、日本海に面した独立峰の鳥海山は、日本百名山に名を連ねており、その美しい姿から出羽富士とも呼ばれています。多くの登山者を魅了して止まない山々は、庄内の原風景を美しく映し出してくれます。


悠久の時を刻む最上川

庄内には、最上川や赤川といった一級河川をはじめとした、多くの河川が流れています。
なかでも最上川は、山形県南部の西吾妻山を水源とし、県内の各盆地を通った後、庄内平野を通り、日本海に注いでいます。これは、一つの都府県のみを流域とする河川としては、国内最長を誇る河川です。
また、日本三大急流の一つとしても知られ、その流れを利用した舟下りが人気です。


日本海に浮かぶ自然と伝説の島「飛島」

飛島は、庄内の北西39㎞に浮かぶ離島です。周囲を暖流(対馬海流)が流れているため、年間を通して温暖(年平均気温12℃)で、雪が降る事もほとんどなく、タブノキやヒサカキなどの常緑広葉樹が広がります。春先は航海中にイルカの大群に遭遇することもあり、ダイビング、バードウォッチング、釣りが楽しめる島としても知られています。
また、飛島では、今から7千年前の縄文時代の遺物が発見されており、他にも、島の海岸に面した洞窟遺跡、「テキ穴」遺跡からは、9世紀から10世紀前半頃の平安時代の人骨や土器などが発見されています。
「舘岩」と呼ばれる岩場には「謎の石塁」があり、解読されていない岩絵文字が刻まれた岩もあります。
そのため、多くの謎に包まれた飛島は「日本海に浮かぶ不思議アイランド」とも呼ばれています。


左右で味が違うとされている「胴腹の滝」

 滝の数が日本一多いと言われている山形県ですが、ここ庄内には、1200年前、弘法大師が神のお告げにより発見・命名したとされる、落差63m、幅5mの山形県内随一の高さを誇る名瀑「玉簾の滝」や、鳥海山の名水としても知られる「胴腹の滝」など、多くの滝があります。
冬でも凍ることがない「胴腹の滝」は、鳥海山の伏流水が山腹から湧き出ている様子が身体の「どうっぱら」という例えで胴腹滝と呼ばれています。
2カ所から噴き出る水は右と左の味が違うと言われており、この名水を求める人で行列が出来る程です。


海から湧き出す鳥海山の伏流水

庄内の至る所で湧き出ている湧水は、山に降り積もった雪や雨が長い歳月をかけて地中というフィルターを通して地表に溢れ出てきています。
山のミネラルをたっぷりと含んだ湧水は、生命の源として、庄内の大地や人々を潤し続けています。


湧水だけで満たされる池「丸池様」

山と水に恵まれた庄内には、美しい風景を映し出す池も数多く存在します。
ラムサール条約登録湿地の大山上池・下池では200種近い鳥類が確認されており、渡り鳥の重要な越冬地となっています。
他にも、湧水100%でできている池「丸池様」は、周囲をうっそうとした樹木が囲い、豊富な湧き水がエメラルドグリーンの水面に映え、神秘的な佇まいを見せてくれます。


山を彩るニッコウキスゲ

夏山シーズンになると、高山植物の多くが花を咲かせ、山を彩り始めます。
なかでも、鳥海山は花の百名山としても知られており、そこで出会える花の数は、なんと200種以上と言われています。
鳥海山固有種であるチョウカイフスマやチョウカイアザミ、飛島で見る事が出来る日本固有種のトビシマカンゾウは、大変貴重な花として知られています。



  • Copyright © 庄内観光コンベンション協会. All Rights Reserved.