出羽三山

出羽三山
出羽三山の主峰「霊峰 月山」

 出羽三山は、山形県の中央にそびえる月山(1984m)、その峰続きの北の端にある羽黒山(414m)、月山の西方に位置する湯殿山(1504m)の三つの山の総称です。
古来より山や木々には神聖なる霊力が宿ると考えられてきた日本。特に美しい形状をした山は信仰の対象になることが多く、月山をはじめとするこの出羽三山も「魂の静まる地」と考えられ、日本古来の自然崇拝の山岳信仰に、仏教・道教・儒教などが習合に成立した「修験道」における、日本屈指の霊場とされてきました。
 三山のそれぞれの山は、羽黒山が現世、月山が前世、湯殿山が来世という三世の浄土を表すとされており、近世の出羽三山詣では、羽黒山から入り、月山で死とよみがえりの修行を行い、湯殿山で再生する巡礼が多く行われていました。 このように出羽三山を巡る『生まれかわりの旅』は日本遺産にも認定されており、出羽三山信仰が日常の生活に深く根付いた地域に暮らす人々に支えられ、数百年の時を越えて今に息づいています。


出羽三山の開山

出羽三山の開祖と伝えられる「蜂子皇子」

 出羽三山は「出羽国」を東西に分ける出羽丘陵の主要部を占める山岳で、太古の大昔は火山爆発を繰り返す“怒れる山”でした。時が経ち、再び静寂を取り戻した頃、麓の里人たちはそこに深い不思議な“神秘”を感じていた事でしょう。
 それから更に時を刻んだ推古天皇元年(593年)、遠く奈良の都からはるばる日本海の荒波を乗り越えて第三十二代崇峻天皇の皇子・蜂子皇子が由良(ゆら)の八乙女浦(やおとめうら)に上陸し、そこから三本足の霊烏に導かれて、道なき径をかき分け、羽黒山の阿古谷(あこや)に辿りついたと言われています。
蜂子皇子はそこで、来る日も来る日も難行苦行の修行を積み、今を去ること千四百年前に出羽三山を開いたとされています。
 やがて、御開祖・蜂子皇子の御修行の道は「羽黒派古修験道(はぐろはこしゅげんどう)」として結実し、千四百年後の今日まで“羽黒山伏”の形をとって、「秋の峰入り」に代表される厳しい修行道が連綿と続いています。


羽黒派古修験道「秋の峰入り」

千年の歴史を蔵する「秋の峰入り」

 出羽三山に伝わる、千年の歴史を蔵する羽黒派古修験道は、明治五年(1872)の修験宗廃止令が出されるまで、四季の峰といって、年に四回山伏による入峰修行(にゅうぶしゅぎょう)が行われていました。
現在でも四季の峰は形を変えながら継承されており、毎年8月末には出羽三山神社(神道)、羽黒山修験本宗(修験道)のそれぞれの山伏により「秋の峰」と呼ばれる山籠もりの荒行が行われています。
 昔から「諸国山伏出世の峰」と呼ばれた羽黒修験の秋の峰入り。ここにおいて修験者たちは、神霊が宿り、新たな生命を育む「山」に籠り、十界修行(地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人界・天界・声聞界・縁覚界・菩薩界・仏界)を経て、その身のまま仏となり、自らの生まれ変わり(擬死再生)をはかります。
人は、死んで山に入り、山を胎内として再生する。このような古代的感覚を色濃く残す羽黒修験は、中世から密教的色彩に彩られ複雑に儀礼を発達させた、大変貴重な文化として今尚受け継がれています。


羽黒山「出羽神社」「三神合祭殿」

月山・羽黒山・湯殿山の三神を合祭した日本随一の大社殿「三神合祭殿」

羽黒山山頂に位置する「出羽神社」は、出羽国の国魂である伊氏波神(いではのかみ)と稲倉魂命(うかのみたのみこと)の二神を祀っています。また、月山と湯殿山は冬季の参拝が不可能であることから、羽黒山頂に「三神合祭殿」として三山の神々を合祭しています。
また広大な山内には百八末社といわれる社があって、八百万(やおろず)の神々が祀られています。
 


月山「月山神社」

月山山頂に鎮座する「月山神社」

月山は海抜1,984m、世界でも珍しい半円形のアスピーデ型火山で、頂上の「おむろ」に月山神社があり、天照大神の弟神の月読命を祀っています。約千年前につくられた『延喜式神名帳』において名神大社とされた式内社で、明治の近代社格制度では東北地方唯一の官幣大社でした。


湯殿山「湯殿山神社」

出羽三山の奥の院とされる「湯殿山神社」

「語るなかれ」「聞くなかれ」と言われる、修験道の霊地・湯殿山は、標高1504m、月山南西山腹に連なるなだらかな稜線の山。出羽三山の奥宮とされる湯殿山神社本宮は、写真撮影禁止、参拝は土足厳禁という厳しい戒めで知られる神社で、大山祗命(おほやまつみのみこと)、大己貴命(おほなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)の三神を祀っています。


参拝者の宿「宿坊」

参拝者を迎える宿「宿坊」

 全国各地の有名な聖地には、宿坊と呼ばれる参拝者のために作られた宿泊施設があります。これは簡単に言うと「参拝者をお泊めして、参拝前に心身を清める(潔斎する)ための宿」です。
 出羽三山のひとつ、羽黒山の門前町である羽黒町手向(とうげ)地区は、古くから宿坊街として栄え、江戸時代には330軒を超える数の宿坊が多くの参拝者を迎えていたと記録されています。
現在はその数こそ減ったものの、約30軒の宿坊が門前町に立ち並び、その機能と景観を変わらず保ち続けています。



  • Copyright © 庄内観光コンベンション協会. All Rights Reserved.