伝統芸能

伝統芸能
かがり火の揺らめきに照らされ、その姿が水面に写し出される「水焔の能」

親から子、子から孫と、地域と共に代々受け継がれてきた「伝統芸能」は、地域の象徴とも言うべき文化です。
庄内では、能、歌舞伎、神楽など、数多くの伝統芸能が各地域で独自に受け継がれています。

黒川能(国指定重要無形民俗文化財)

黒川地区の鎮守「春日神社」の神事能として、すべて氏子たちにの手によって 500年ものあいだ連綿と守り伝えられてきた黒川能。世阿弥が大成した後の猿楽能の流れを汲み、その意味では現存の五流と同系ですが、いずれの流儀にも属さずに独自の伝承を続け、独特の形と中央ではすでに滅びてしまった古い演目や演式を数多く残しています。
能面230点、能装束400点、演目数は能540番、狂言50番というように、民俗芸能としてはたいへん大きな規模となっており、生活に根ざした貴重な民俗芸能として全国から注目を集めています。


山戸能(山形県指定無形民俗文化財)

日本海に沈む夕陽を背にして上演する「夕陽能」

鶴岡市山五十川地区に伝わる能楽で、地域に伝わる文献では貞観8年(866年頃)に「謡」、「切り能」、「恋慕の舞」、寛永年間(1624~43年)には天龍上人から「座揃囃子」、「道行きの囃子」を教え伝わったとされています。
「謡」は観世流ですが、「座揃囃子」と「恋慕の舞」は全国でも珍しい特色をもっており、櫛引地域の黒川能とも深い関わりがあるといわれております。


松山能(山形県指定無形民俗文化財)

武家のたしなみとして身につけた松山能

寛文の頃(1660年〜)、江戸勤番の松山藩士が能楽を修得したことに始まった松山能。
明治維新後、武家から町方に伝わり演能団体「松諷社(しょうふうしゃ)」によって受け継がれ、現在は年に3回の定期的な演能を行っています。


黒森歌舞伎(山形県指定無形民俗文化財)

雪の中で観る「雪中歌舞伎」

江戸時代中期の享保年間から酒田市の黒森日枝神社に奉納されたといわれ、280年以上もの間、地域の人々の手によって伝承されてきた農民歌舞伎。伝承演目は義太夫狂言を主として50種ほどありますが、演出や芸態面で中央の歌舞伎とは異なった面もみられ、地元独自に長く伝承されたことをうかがわせます。
雪の中で観ることから「雪中芝居」「寒中芝居」ともいわれ、出し物の多いこと、スケールの大きいことは全国屈指。厳寒の社殿で、毎年旧正月にあたる2月に奉納されています。


山五十川歌舞伎(山形県指定無形民俗文化財)

山戸能と共に地域で伝承を続ける「山五十川歌舞伎」

鶴岡市温海地域の山五十川集落には、『山戸能』、『山五十川歌舞伎』の二つの民俗芸能が伝わっており、一つの集落でふたつの無形民俗文化財を一体として守り続けていることは全国的にも非常に珍しいことです。
地区に伝わる文献によると、寛政年間(1789〜1801)に演じられたと記されており、河内神社の例祭では、山戸能と山五十川歌舞伎が上演奉納されます。


高寺八講(山形県指定無形民俗文化財)

平安時代の寺院芸能を今に伝える「高寺八講」

平安末期から鎌倉末期にかけての寺院芸能の一つで、雷電神社に伝わる一連の舞「高寺八講」。
延年の舞を今日に正しく伝えるもので、寺の法要のあとなどに、一山衆(大衆)・稚児・遊僧たちによって舞われました。
8番あった舞も、今では4番組になりましたが、貴重な舞が受け継がれている大変珍しい例といわれています。


新山延年(山形県指定無形民俗文化財)

鳥海山の修験道に深い関わりがあったといわれる「新山延年舞」

酒田市平田地域の新山(にいやま)地区に鎌倉時代から伝わるとされている「新山延年舞」。
修験者によって培われてきたため、全般に呪文的な要素が濃く、単調で繰り返しが特に多いなどの特徴があり、各地に残る延年にはない、新山でしか見られない形式の演目が演じられる。


蕨岡延年(山形県指定無形民俗文化財)

修験道の通過儀礼として伝えられてきた「蕨岡延年の舞」

かつて大物忌神社を中心に三十三の宿坊を構えた修験集落として知られている、遊佐町上蕨岡地区に伝わる「蕨岡延年の舞」。その起源は室町時代にまで遡るといわれており、修験道の一環で通過儀礼として伝えられてきた舞とされ、かつて、この延年にたずさわる者は、宿坊の長男に限られ、3歳になると懐児(だきちご)として祭礼に参加し、7歳から15歳の間は「童法」などの稚児舞を担当し、それ以降は山伏の修業の一つとして舞を厳しく修業してきたとされています。
蕨岡延年は、毎年5月3日の大物忌神社蕨岡口の宮の例大祭に行われるもので、「陵王」「太平楽」「振舞」「童法」などの舞楽の影響を残す演目が、同社境内の舞殿で演じられています。


吹浦田楽舞(山形県指定無形民俗文化財)

鎌倉時代から続く伝統の祭で演舞される「吹浦田楽舞」

遊佐町蕨岡地区と同じく、大物忌神社口の宮がある吹浦地区に伝わる「吹浦田楽舞」。
吹浦延年は、毎年5月8日の吹浦口の宮の例大祭に行われるものであり、「花笠舞」「大小の舞」「諾冊二神の舞」など田楽や舞楽をしのばせる演目が演じられています。これらは、かつて一山二十八坊の山伏によって伝承され、それぞれの家の長男が一六歳より、まず花笠舞に奉仕し、次に楽を担当するなど厳密な約束があったと伝えられていますが、現在では地区の人々によって伝承されています。その起源・由来は定かではないものの、少なくとも鎌倉時代までさかのぼるのではないかと伝えられています。



  • Copyright © 庄内観光コンベンション協会. All Rights Reserved.