冬の一押しイベント

各地の寒鱈まつり

  • 「遊佐町鱈ふくまつり」の「ふぐ」入り寒鱈汁

  • 日本海寒鱈まつり

  • 「しゃりん寒鱈まつり」魚介類の直売

①「日本海寒鱈まつり」
「寒鱈汁」(どんがら汁)とは、厳寒の日本海の荒波でもまれ脂ののった寒だらをぶつ切りにし、みそ仕立てで丸ごと鍋にして味わう鶴岡を代表する冬の味覚。
この寒鱈汁を思う存分味わってもらおうというイベントを、毎年約2万人のお客様を迎えて開催しています。
当日はたくさんのお店が集まり、出店の大きな鍋からはアツアツの白い湯気が立ち上り、一口味わうごとに身体の芯まで暖まると大評判。 出店毎に味が違うので、食べ比べも楽しめます。
また、鶴岡の特産品や冬の味覚が勢揃いし、さらに、新潟・秋田・宮城の物産展も同時に開催し、隣県の冬の味わいが一堂に会し、さらに楽しむことができます。

日程:平成29年1月15日(日)
詳細はこちら→http://www.mokkedano.net/event/157

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

②「遊佐町鱈ふくまつり」
日本海の冬の荒波にもまれて十分に脂がのった寒鱈と草ふぐを大鍋で調理して、香り豊かな岩海苔をトッピングして食べます。
とくに、遊佐町の鱈ふくまつりは「ふぐ」が入っていることで、深いコクのある味わいになっています。
地元商店のバラエティに富んだ出店や餅つき大会、毎年変わるアトラクションも大好評です。

日程:平成29年1月15日(日)
詳細はこちら→http://www.mokkedano.net/event/109?season=winter

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

③「しゃりん寒鱈まつり」
日本海を目の前に望む道の駅「あつみ」しゃりんにて、鼠ヶ関港で水揚げされた庄内浜名物・季節限定の寒鱈(真鱈)を味噌汁仕立ての「鱈汁」にして販売します。
目の前に広がる日本海で獲れた寒鱈ほか、魚介類の直売もあります。
鼠ヶ関港直送の旬の寒鱈汁をお楽しみください!!

日程:平成29年1月22日(日)
詳細はこちら→http://www.mokkedano.net/event/140

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

④「酒田日本海寒鱈まつり」
日本海の冬の味覚「寒鱈汁」を堪能する酒田日本海寒鱈まつり。
寒鱈とは真鱈のことで、味噌仕立てにした大鍋に身も骨も内臓も余すところなく入れ、豪快に煮たあつあつの郷土料理です。
雪のちらつく屋外で食べる寒鱈汁は格別。会場では様々な催しもあります。

日程:平成29年1月28日(土)~29日(日)
詳細はこちら→http://www.mokkedano.net/event/102

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

⑤「由良寒鱈まつり」
地元由良で水揚げされた鱈を使った寒鱈汁の販売を行います。
このおまつりでは、素材の味を生かすため鱈と岩のりしかいれない「由良の寒鱈汁」を提供しています。
また、生鱈の販売も行うなど、家族で楽しめますのでぜひお越しください。

日程:平成29年1月29日(日)
詳細はこちら→http://www.mokkedano.net/event/185


各地の新酒まつり

  • 大山新酒・酒蔵まつり

  • あつみ温泉摩耶山新酒まつり

①「大山新酒・酒蔵まつり」
鶴岡市の西部にあたる大山地区で、毎年、新酒の時期に合わせ開催している、地元のお酒を思う存分楽しめるイベント。
「酒蔵めぐり」では、各蔵で作りたての新酒・名酒を試飲でき、毎年、多くの行列で賑います。
また、別会場では、大山のお酒を含めた庄内の日本酒を楽しめる「大山新酒を楽しむ会」も開催。
そのほかにも、地区内の様々な会場で多くの催しが行われます。
※チケットは前売りのみとなります。

日程:平成29年2月11日(土) 12:00~16:00
詳細はこちら→http://ooyama-kankou.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

②「酒の酒田の酒まつり」
酒田・遊佐が誇る地酒を1杯100円で楽しめます!
酒田・遊佐全9蔵の新酒が一堂に揃いますので、飲み比べも可能。
いち早く新酒などをお楽しみいただけるイベントです。

日程:平成29年1月28日(土)~29日(日) 10:00~14:00頃
詳細はこちら→http://www.city.sakata.lg.jp/sangyo/mtsuri/sakenosakata.html

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

③「おいでよ!おいしい山形・庄内 地酒まつり in 庄内観光物産館」
庄内観光物産館に、酒処・庄内の全18蔵元が一堂に集結!
新酒18銘柄・蔵元お勧めの地酒36銘柄全54銘柄を飲み比べできます。
JR臨時列車「おいしい庄内 地酒まつり号」、鶴岡駅前、エスモールからはシャトルバスが運行します!

日程:平成29年2月25日(土)~26日(日)10:00~15:00
詳細はこちら→http://www.facebook.com/Jizakefes.ShonaiKankoBussankan
↓庄内観光物産館だより
http://blog.livedoor.jp/shonai_miyage/

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

④「あつみ温泉摩耶山新酒まつり」
地域限定酒「摩耶山」の新酒と温海の美味しいものが一緒に味わえるイベントです。
清酒「摩耶山」は摩耶山麓の湧き水が流れ込む、温海地域越沢地区「郷清水」(ごうしみず)の水で栽培された「はえぬき」を使用
し、東北銘醸株式会社(酒田市)が生もと造りで仕上げたお酒です。すっきりとした辛口が特徴。
普段、温海地域でしか流通していない限定酒「摩耶山」の新酒をご堪能ください。
 
日程:平成29年3月4日(土) 15:00〜18:00
詳細はこちら→http://www.mokkedano.net/event/128

金峯山雪灯篭祭

このお祭りは、伝統ある金峯山の山開きに合わせて行われ、雪の参道を多くの男女が手を取り合いながら登り、結ばれたことから、またの名を「えんむすび祭り」といわれています。
ライトアップされ夜空に向かい天高く浮かび上がる大黒様の雪像や、参道に並ぶ大人ほどの背丈の雪灯篭が、神秘的で幽玄な雰囲気を醸し出します。

日程:平成29年2月27日(月) 18:00~
会場:金峯山中の宮
住所:鶴岡市青龍寺
料金:200円(小学生以下無料)
駐車場:当日、金峯山のふもとにある黄金コミュニティ防災センター駐車場より、会場まで「シャトルバス」を運行します。
祭り参加者はシャトルバスをご利用ください。
(※会場まで一般車両は入場できません)
アクセス:山形自動車道 鶴岡ICから車で25分、日本海東北自動車道 鶴岡西ICから車で25分
問い合わせ:0235-23-7863 (金峯山観光協会)

鳥海山二ノ滝氷柱トレッキング

二ノ滝は落差25mで2条に分かれて落ちる姿が美しい滝です。
この二ノ滝の魅力のひとつが、厳冬期に滝全体が凍りついた巨大氷柱の滝。滝つぼまで凍ったときは、滝の裏側まで見ることができます。
例年2月、その凍りついた二ノ滝を鑑賞するスノートレッキングを開催しております。片道約2時間程度ですが、ガイドがつきますので初めての方でも参加できます。

日程:平成29年2月12日(日)
会場:鳥海山二ノ滝付近
住所:遊佐町吹浦西浜2-76
問い合わせ:0234-77-3711 (鳥海温泉 遊楽里)
料金:3,000円(昼食・保険付き)
アクセス:JR遊佐駅から車で15分、日本海東北自動車道 酒田I.Cから車で30分

月の沢龍神 冬まつり

参加者と地元住民が一緒に雪を楽しむイベントです。夜の部の、庄内地方唯一の雪上花火ショーとプロジェクションマッピングとのコラボや、イルミネーションやスノーランタンが作り出す幻想的な雪灯かりは必見!!もちろん、日中は特大滑り台など様々なウィンターアクティビティをお楽しみいただけます。

日程:平成29年2月18日(土)
会場:月の沢温泉北月山荘周辺
住所:山形県東田川郡庄内町立谷沢西山1-67
料金:無料(※屋台等でのご飲食は有料となります。)
アクセス:JR羽越本線余目駅から車で約40分(当日は送迎バスがでます)
問い合わせ:0234-56-2213 (月の沢龍神冬まつり実行委員会(庄内町商工観光課))

氷爆「玉簾の滝」ライトアップ

山形県随一の高さを誇る「玉簾の滝」。
厳寒期に氷瀑となる、高さ63m、幅5mの直瀑が、カラーLEDでライトアップされます。

日程:平成29年1月20日(金)~22日(日)
   平成29年1月27日(金)~29日(日)
時間:17:00~21:00

※ご注意:この時期の玉簾の滝は、氷点下の温度まで冷え、滝までは暗い中雪 道を歩くことになります。氷瀑のライトアップをお楽しみいただくために、厳寒に備えた服装、深い雪の中を歩ける靴、足元を照らすライトを必ずお持ちください。

住所:玉簾の滝(酒田市升田)
お問い合わせ:酒田市観光振興課
TEL:0234‐26-5759
アクセス:
JR酒田駅から車で約40分
日本海東北自動車道 酒田みなとICから車で約30分

雪の能 まつやま大寒能

松山能は、松山藩主酒井忠恒の時代で寛文の頃(1660年〜)、江戸勤番の松山藩士が能楽を修得したことに始まりました。
明治維新後、武家から町方に伝わり演能団体「松諷社(しょうふうしゃ)」によって受け継がれ、昭和55年に県の無形民族文化財に指定されています。
年3回の公演のなかで、大寒能(毎年1月第4土曜日)は能関係者の追悼供養として小雪が舞う静寂の中で上演されます。
上演後には「雪見の宴」が催され、役者とお客さんが納豆汁を囲んで交流を深めます。

第26回 「雪の能」まつやま大寒能の演目
子ども狂言「鬼の首引き」(午後1時30分から)
狂言「鐘の音」(午後1時50分から)
能「土蜘蛛」(午後2時15分から)

日程:平成29年1月28日(土)
会場:松山城址館
料金:前売り2,000円、当日2,200円
駐車場:周辺に200台

住所:酒田市字新屋敷34
お問い合わせ: 酒田市松山総合支所建設産業課
TEL:0234-62-2611
アクセス:
JR酒田駅から車で約30分
JR余目駅から車で約10分
日本海東北自動車道 酒田中央ICから車で約15分

遊佐の小正月行事(アマハゲ)

国の重要無形民俗文化に指定されてる、遊佐町の北端の海岸側の地域に伝わる行事です。
小正月行事にはアマハゲと鳥追いがありますが、鳥追いは現在行われなくなっています。
アマハゲは秋田の「なまはげ」とよく似た行事で、起源はどちらも一緒らしいと言われていますが、遊佐町ではアマハゲ」と言います。
衣装の体裁、面、小道具などはそれぞれ微妙に違っており、「なまはげ」と同様に各家庭を回り、怠惰を戒めて歩きます。
1日(滝ノ浦地区)、3日(女鹿地区)、6日(鳥崎地区)でそれぞれ行われます。

日程:平成29年1月1日(祝)「滝ノ浦地区」、平成29年1月3日(火)「女鹿地区」、平成29年1月6日「鳥崎地区」

住所:遊佐町滝ノ浦地区、女鹿地区、鳥崎地区
お問い合わせ:遊佐町教育委員会教育課文化係
TEL:0234-72-5892
アクセス:
JR吹浦駅から車で10分
日本海自動車道 酒田みなとICから車で25分

ややまつり

東北の奇祭として全国的にも知られる小正月の風物詩。
厳寒の1月中旬に庄内町千河原地区で古くから行われてきた祭りで、安産と無病息災・身体堅固を祈願します。素裸にケンダイと呼ばれるワラで作った腰ミノをつけただけの5〜14歳の男児が、みそぎ台の上で冷水を浴び、行列をなして集落内を一周した後、神社にお参りします。

日程:平成29年1月15日(日)
会場:千河原八幡神社

住所:庄内町千河原八幡神社
お問い合わせ:庄内町観光協会
TEL:0234-42-2922
アクセス:
余目駅から車で約15分

松例祭

羽黒山山頂にて、大晦日から元旦にかけて行われる、国指定無形文化財にも登録されている祭りです。
100日間参籠し、精進潔斎した2人の山伏がどちらが神意にかなったかを競い合う験競べが祭りの中心。
大晦日昼頃から元旦未明にかけて合祭殿内や鏡池前広場、補屋などで、烏跳び、国分神事など、様々の神事が行われます。

日程:平成28年12月31日(土)~平成29年1月1日(日)
会場:羽黒山山頂
駐車場:普通車410台、大型20台


住所:鶴岡市羽黒町手向字羽黒山33
お問い合わせ:出羽三山神社
TEL:0235-62-2355
アクセス:
JR鶴岡駅から羽黒山頂行きバスで50分
山形自動車道 庄内あさひICから車で40分

月山あさひ雪まつり

おいしさ、おもしろさ満載の「朝日の冬」をたっぷり体験できる「月山あさひ雪まつり」!
雪遊びや雪国衣装体験、いろり端での昔語りなど、昔の雪国文化体験をはじめ、朝日地域の山の幸満載の鍋などを味わえるイベントです。

日程:平成29年2月26日(日)
会場:道の駅「月山」月山あさひ博物村

住所:鶴岡市越中山字名平3-1
お問い合わせ:月山あさひ雪まつり実行委員会 (鶴岡市朝日庁舎産業課内)
TEL:0235-53-2111
アクセス:
JR羽越本線鶴岡駅からバスで40分・車で約35分
山形自動車道 庄内あさひICから車で約10分
山形自動車道 月山ICから車で約40分

新春キジ汁祭り

あったかいキジ汁をたべて心もおなかもほかほか!大鍋のキジ汁ほか、キジ肉販売やもちつき大会、特産物販売など子供から大人まで楽しめます。
たんぱく質豊富なキジ肉をしょうゆ味で煮込んだキジ汁を食べて、寒さをふっとばそう!

日程:平成29年1月15日(日)
料金:前売りチケット:1,200円(キジ汁・おにぎり2ケ・抽選券)
※当日券はございませんので、前売券をお求めいただくか電話でご予約ください。
駐車場:100台

住所:鶴岡市越中山字名平3-1
お問い合わせ:月山あさひ振興公社
TEL:0235-53-3411
アクセス:
JR鶴岡駅からバスで40分
山形自動車道 庄内あさひICから車で10分
山形自動車道 月山ICから車で35分

黒森歌舞伎正月公演

江戸時代中期の享保年間から、黒森地区の日枝神社の祭礼に奉納されたといわれる農民歌舞伎で、270年以上もの間伝承されてきました。
雪の中で観ることから「雪中芝居」「寒中芝居」といわれ、出し物の多いこと、スケールの大きいことは全国屈指です。
東北二大農村歌舞伎として「冬の黒森、夏の檜枝岐」称されています。
歌舞伎と共に厳寒の社殿で、毎年旧正月にあたる2月の2日間(15日・17日)に奉納されています。
桟敷席では毛布や湯たんぽの提供もあります。
※客席は屋外です。防寒着の着用など防寒対策を万全の上、ご覧ください

平成29年の演目は『絵本大功記』に決まりました。

日程:平成29年2月15日(水)
会場:黒森日枝神社
料金:有料席あり
駐車場:あり

住所:酒田市黒森字村中47
お問い合わせ:酒田市教育委員会社会教育課
TEL:0234-24-2994
アクセス:
JR酒田駅から車で約20分
日本海東北自動車道 酒田ICから車で約12分

黒川・蝋燭能

500年以上に渡り伝承されてきた国指定重要無形民俗文化財「黒川能」。
厳かな雰囲気の中、柔らかく揺らめく蝋燭の炎に映しだされる舞は、500年前、先人が観たであろう光景と変わらぬ姿を我々に見せてくれます。
第2部の交流会は、凍み豆腐など郷土料理と樽酒を囲みながら、お客様と能役者・実行委員との賑やかな交流が行われます。

日程:平成29年2月25日(土)
会場:春日神社 黒川能の里王祇会館
料金:第1部 S席 7,000円、A席 5,500円、B席 4,500円
   第2部 3,000円
駐車場:80台
定員:1部220人、第2部110人

第23回黒川・蝋燭能の演目
 下座 能 「小袖曽我(こそでそが)」
 下座 狂言「禰宜山伏(ねぎやまぶし)」
 上座 能 「獅子(しし)」

住所:鶴岡市黒川字宮の下291
お問い合わせ:黒川能の里王祇会館
TEL:0235-57-5310
アクセス:
JR鶴岡駅から車で20分
山形自動車道 庄内あさひICから車で20分
日本海東北自動車道 鶴岡西ICから車で30分



  • Copyright © 庄内観光コンベンション協会. All Rights Reserved.