中山神社祭典武者行列
なかやまじんじゃむしゃぎょうれつ

藩政時代を偲ばせる行事


毎年5月1日に挙行され、藩政時代を偲ばせる行事です。
松山藩酒井氏が徳川家康の嫡男松平三郎信康と藩祖酒井忠次を祀るため中山神社を創始し、祭典を催し神輿が市中を練り歩くようになり、それを警護するために武者行列が行われるようになったと言われています。
現在は、約100名で4kmほどを巡回し、途中の大手門前での行列が一番の見どころです。
また、体験武者の募集(定員あり)もしていますのでお申し込みください。

DATA

開催時期2017/05/01
会場中山神社、松山歴史公園
住所酒田市新屋敷36-2
TEL0234-62-2611 (酒田市松山総合支所建設産業課)
駐車場周辺に200台
アクセスJR酒田駅から車で約30分
JR余目駅から車で約10分
日本海東北自動車道 酒田中央ICから車で約30分
備考武者行列は13:00に中山神社を出発します。
その他【武者行列の順路】
中山神社(13時出発)⇒大手門(13時30分頃)⇒
里仁館南側⇒内町(神宿)⇒南新屋敷⇒荒町⇒本町⇒
新町⇒片町⇒北町⇒新屋敷(神宿)⇒中山神社
(雨天時は松山体育館)




  • Copyright © 庄内観光コンベンション協会. All Rights Reserved.