カレンダーからさがす

 
 


あつみ温泉 雛まつり

詳細

温泉街で流し雛

お子様の健やかな成長を祈願する「流し雛」を行います。

3月1日開始の「あつみ温泉 湯のまち人形めぐり」の期間中、人形を展示している旅館や商店に折り紙を設置しておりますので、雛人形を折ってお預けください。
この日にご祈祷し、実行委員会がお客様に代わって温海川で雛流しを行います。
また、遠方にお住まいのお客…


旧阿部家ひなまつり

詳細

町内をはじめ、庄内一円から寄贈された雛人形が、約600体飾られています。
江戸時代末期から戦後にかけて作られた昔ながらの瓦人形が奥座敷に並ぶと素朴な懐かしさに包まれます。
瓦人形の製作体験も行っています。
時間のない方には絵付け体験のみもあります。


黒川・蝋燭能

詳細

蝋燭の炎に映し出される幽玄な能

500年以上に渡り伝承されてきた国指定重要無形民俗文化財「黒川能」。
厳かな雰囲気の中、柔らかく揺らめく蝋燭の炎に映しだされる舞は、500年前、先人が観たであろう光景と変わらぬ姿を我々に見せてくれます。
第2部の交流会は、凍み豆腐など郷土料理と樽酒を囲みながら、お客様と能役者・実行委員との賑やかな交流が行わ…


木野俣獅子踊

詳細

軽快に舞う獅子踊り

木野俣獅子踊は熊野神社例祭の神事として演じられます。
獅子頭が張子式で極めて軽くできており、胸の太鼓を自分で打ちならしながら、はねるように軽快に踊るのが特徴です。
鶴岡市の無形民俗文化財に指定されています。


諏訪部祭

詳細

大地震に領民を救った代官諏訪部権三郎に感謝する祭り

毎年5月15日に本願寺(浄土宗)で行われます。
文化元年(1804年)鳥海山の噴火と大地震に見舞われた遊佐郷では大きな被害に見舞われました。
この時に遊佐郷の代官であった諏訪部権三郎は、食べるものも、寝る所もない多くの人たちを見て、殿様の許可を待たないで、数カ所の郷蔵を開け人々に米を与え食べさせました。
殿さ…


酒田港まつり・甚句流し

詳細

繁昌じゃおまへんか♪

酒田甚句に乗り、約2,000人の市民による踊りパレードが市の中心商店街で繰り広げられます。
江戸時代からの北前船交易による酒田湊の繁栄ぶりがよく表されている歌詞で、「ホンマに酒田はよい港 繁昌じゃおまへんか」と、関西弁も入り、上方文化の影響も見られます。
この酒田甚句は、お座敷歌として今も歌われています。…


まつやまのお雛様 〜酒田雛街道〜

詳細

松山地区の旧家に伝わる江戸時代の人形や、享保びなや古今びなを展示します。


新山延年舞

詳細

演目数が豊富な新山延年舞

昭和54年に国の重要資料保存文化財に、昭和55年には県無形民俗文化財の指定を受けています。
演目数が7つと豊富で、新山でしか見られない演目もあります。
このほかに、祭りの式直後に舞う巫女舞と獅子神楽舞があります。


春日神社 祈年祭(黒川能 奉仕)

詳細

五穀豊穣を願うお祭り 国指定重要無形民俗文化財「黒川能」春の奉仕

平安時代初期の大同2年(806年)創建といわれている春日神社で行われる五穀豊穣を願うお祭りです。
社殿内で、巫女舞や玉串奉納などの神事が執り行われた後、500年以上に渡り伝承されてきた国指定重要無形民俗文化財「黒川能」の能二番、狂言一番が奉仕されます。


古郡神楽

詳細

受け継がれた様々な出し物に観客は魅了される

慶長6年(1601年)最上義光家臣、新関因幡守久正が藤島城主となりました。
干害に悩まされ続けた農民を救うため、現在の因幡堰(いなばぜき)開墾の大工事を行った際、池神社に21日間おこもりをして完成を祈願しました。
因幡堰が完成した際、池神社前に奉納した神楽が古郡神楽の始まりと言われています。
後に剣の舞など…



地図に表示中の施設一覧
あつみ温泉 雛まつり
温泉街で流し雛
旧阿部家ひなまつり
黒川・蝋燭能
蝋燭の炎に映し出される幽玄な能
木野俣獅子踊
軽快に舞う獅子踊り
諏訪部祭
大地震に領民を救った代官諏訪部権三郎に感謝する祭り
酒田港まつり・甚句流し
繁昌じゃおまへんか♪
まつやまのお雛様 〜酒田雛街道〜
新山延年舞
演目数が豊富な新山延年舞
春日神社 祈年祭(黒川能 奉仕)
五穀豊穣を願うお祭り 国指定重要無形民俗文化財「黒川能」春の奉仕
古郡神楽
受け継がれた様々な出し物に観客は魅了される
あつみ温泉 雛まつり
鶴岡市湯温海甲188
旧阿部家ひなまつり
酒田市山元字上千刈田27
黒川・蝋燭能
山形県鶴岡市黒川字宮の下291
木野俣獅子踊
諏訪部祭
飽海郡遊佐町遊佐字倉ノ町19
酒田港まつり・甚句流し
酒田市中町ほか
まつやまのお雛様 〜酒田雛街道〜
酒田市新屋敷36-2
新山延年舞
酒田市楢橋新山18
春日神社 祈年祭(黒川能 奉仕)
鶴岡市黒川字宮の下291
古郡神楽
鶴岡市古郡 池神社

  • Copyright © 庄内観光コンベンション協会. All Rights Reserved.