カレンダーからさがす

 
 


飛鳥湯立神楽

詳細

「伊勢神楽」系統に属するというこの神楽を伝承してきた飛鳥神社は、今から1,200年前に大和国飛鳥坐神社を勧請分祀したといわれています。
湯立神楽は、修験神楽ともよび、神話を語る九の舞曲は、舞方6人、楽人笛1人、太鼓1人ですべて神職がこれに当たります。
演目は9つにものぼり、そのほかにも、お頭舞とツケ湯神事と言…


木野俣獅子踊

詳細

軽快に舞う獅子踊り

木野俣獅子踊は熊野神社例祭の神事として演じられます。
獅子頭が張子式で極めて軽くできており、胸の太鼓を自分で打ちならしながら、はねるように軽快に踊るのが特徴です。
鶴岡市の無形民俗文化財に指定されています。


義経上陸の地・鼠ヶ関を歩こう会

詳細

春の潮風を受け、義経上陸の地ウォーキング

漁業・マリンレジャーの地として親しまれている鼠ヶ関(ねずがせき)は白河の関、勿来の関と並んで奥羽三大古関のひとつに数えられ、義経上陸伝説・勧進帳の舞台とも伝えられています。
関所跡や念珠の松等の名所旧跡を見学し、当日行われる厳島神社祭典「神輿流し」を見学します。
昼食は「海鮮御膳」の予定です。



地図に表示中の施設一覧
飛鳥湯立神楽
木野俣獅子踊
軽快に舞う獅子踊り
義経上陸の地・鼠ヶ関を歩こう会
春の潮風を受け、義経上陸の地ウォーキング
飛鳥湯立神楽
酒田市飛鳥字堂之後92
木野俣獅子踊
義経上陸の地・鼠ヶ関を歩こう会
鶴岡市鼠ケ関

  • Copyright © 庄内観光コンベンション協会. All Rights Reserved.