カレンダーからさがす

 
 


鳥海高原まつり

詳細

鳥海山と庄内平野を眺めながらのBBQ

鳥海高原の大自然を満喫しながら、本格鋳物の炭火で焼くバーベキューをはじめ、魚のつかみどり、動物広場、ステージでの交流イベント、グラウンドゴルフ大会など、家族連れや仲間同士で目いっぱい楽しめるイベントです。


添川両所神社御獅子舞

詳細

勇壮な獅子の姿に大地の躍動を感じ取る

貞亨3年(1686年)両所神社が現在地に奉還された時に村をあげての大祭典がおこなわれました。
その際に氏子の壮者が獅子踊を競って奉納したのが始まりとされています。
三百数十年の間、例祭日に毎年かかさすことなく奉納されて今日に至っています。
(鶴岡市指定無形文化財)


酒田港クルーズ

詳細

感動の夕陽をあの人と!!

通常は飛島の勝浦港と酒田港を往復している定期船「とびしま」ですが、7月、8月の指定日の夕方に酒田港を周遊するクルージングを行っています。
日本海に沈む夕陽を海上から眺めることができるなど、素敵なひと時を過ごしてください。  

平成30年日程
7月 28日(土)
8月  1日(水)/4日(土)/8日(水)…


古郡神楽

詳細

受け継がれた様々な出し物に観客は魅了される

慶長6年(1601年)最上義光家臣、新関因幡守久正が藤島城主となりました。
干害に悩まされ続けた農民を救うため、現在の因幡堰(いなばぜき)開墾の大工事を行った際、池神社に21日間おこもりをして完成を祈願しました。
因幡堰が完成した際、池神社前に奉納した神楽が古郡神楽の始まりと言われています。
後に剣の舞など…


東掘越獅子踊り

詳細

獅子踊りは、中獅子、牝獅子、旗獅子(友の牝獅子)白鷺、牡獅子5匹でそれぞれ異った装飾をつけ唄に合せて腰鼓を鳴らしながら勇壮に舞う。


渡前獅子踊

詳細


ふじしま夏まつり・鶴岡伝統芸能祭

詳細

獅子の郷で伝統芸能に存分に触れる一夜を

藤島は古くから獅子の郷「獅子郷(ししごう)」と呼ばれ、たくさんの獅子踊りや神楽が伝承されています。
その伝統芸能を一堂に会するまつりです。
夕暮れからはじまる伝統芸能に酔いしれる一夜をお過ごしください。


杉沢比山(神送り)

詳細

鎌倉時代の様式を今に伝える洗練された舞 国指定重要無形民俗文化財

比山は遊佐町杉沢にある熊野神社に奉納されます。
熊野神社が鳥海山で修行する山伏の宿坊として栄えた鎌倉時代から伝わっていると言われています。
地域の住民が連綿と受け継ぎ、鎌倉時代の様式を残す舞だけではなく衣装、面、小道具なども、その時代時代に修復、新調しながら、ほぼオリジナルの形を継承していると言われ…


TSUNOKAWA SUMMER PARTY 2018

詳細

今年もやります「角川のサマパ」 ウェールカーム

地域を元気にしようと集結した「角川元気プロジェクト」が主催・開催する野外ビアパーティーです。今年は結成5年目のアニバーサリー!美味しものや楽しいことをたくさん準備して皆様のご来場お待ちしてます。地区外からのご来場も大歓迎!この夏、激熱な角川のエネルギーを体感してください
お得な前売り券絶賛発売中です…


戸沢花胡蝶歌舞伎

詳細

数百年の歴史を持つとされる農民歌舞伎

【平成30年8月16日(木)の演目】

◎仮名手本忠臣蔵 七段目 祇園一力茶屋の場
 (かなてほんちゅうしんぐら しちだんめ ぎおんいちりきちゃやのば)

午後1時開始


戸沢花胡蝶歌舞伎は、起源は定かではありませんが、隣接する山五十川地区で300年ほど前から伝承されている山五十川歌舞伎と同じぐらいの歴史があると…



地図に表示中の施設一覧
鳥海高原まつり
鳥海山と庄内平野を眺めながらのBBQ
添川両所神社御獅子舞
勇壮な獅子の姿に大地の躍動を感じ取る
酒田港クルーズ
感動の夕陽をあの人と!!
古郡神楽
受け継がれた様々な出し物に観客は魅了される
東掘越獅子踊り
渡前獅子踊
ふじしま夏まつり・鶴岡伝統芸能祭
獅子の郷で伝統芸能に存分に触れる一夜を
杉沢比山(神送り)
鎌倉時代の様式を今に伝える洗練された舞 国指定重要無形民俗文化財
TSUNOKAWA SUMMER PARTY 2018
今年もやります「角川のサマパ」 ウェールカーム
戸沢花胡蝶歌舞伎
数百年の歴史を持つとされる農民歌舞伎
鳥海高原まつり
酒田市草津湯ノ台149
添川両所神社御獅子舞
鶴岡市添川字楯ノ沢
酒田港クルーズ
酒田市船場町2-5-6
古郡神楽
鶴岡市古郡 池神社
東掘越獅子踊り
鶴岡市東掘越
渡前獅子踊
鶴岡市渡前白山前
ふじしま夏まつり・鶴岡伝統芸能祭
鶴岡市藤の花1-1-1
杉沢比山(神送り)
飽海郡遊佐町杉沢字宮ノ後23
TSUNOKAWA SUMMER PARTY 2018
戸沢花胡蝶歌舞伎
鶴岡市戸沢字東俣168

  • Copyright © 庄内観光コンベンション協会. All Rights Reserved.