カレンダーからさがす

 
 


夏宵まつり

詳細

オリジナルの飛龍囃子に合わせ夏の宵を彩る演舞の競演です

庄内町深川地区に伝わる「飛龍伝説」をモチーフに作り上げたオリジナルの「飛龍囃子」にあわせ、景気のいい掛け声とともに個性豊かな衣装をまとった踊り手が、華麗な演舞を披露する真夏の夜の競演です。
最も輝いていたチームには「夏宵大賞」の称号とともに伝説の長半纏が贈られます。


酒田港まつり・甚句流し

詳細

繁昌じゃおまへんか♪

酒田甚句に乗り、約2,000人の市民による踊りパレードが市の中心商店街で繰り広げられます。
江戸時代からの北前船交易による酒田湊の繁栄ぶりがよく表されている歌詞で、「ホンマに酒田はよい港 繁昌じゃおまへんか」と、関西弁も入り、上方文化の影響も見られます。
この酒田甚句は、お座敷歌として今も歌われています。…


古口白山神社祭

詳細

白山神社祭の大名行列が見られます

ヤレノ歌は古口白山神社の祭礼で、神輿渡御行列が地区内を一巡する際に歌われます。
ヤレノ歌の歌詞は、一般的な祝い歌で、庄内藩主が参勤交代のため最上川をさかのぼる際に歌った「御船歌」と新庄まつりの囃子が結び付き、明治時代中期に始まったといわれています。


添川両所神社御獅子舞

詳細

勇壮な獅子の姿に大地の躍動を感じ取る

貞亨3年(1686年)両所神社が現在地に奉還された時に村をあげての大祭典がおこなわれました。
その際に氏子の壮者が獅子踊を競って奉納したのが始まりとされています。
三百数十年の間、例祭日に毎年かかさすことなく奉納されて今日に至っています。
(鶴岡市指定無形文化財)



地図に表示中の施設一覧
夏宵まつり
オリジナルの飛龍囃子に合わせ夏の宵を彩る演舞の競演です
酒田港まつり・甚句流し
繁昌じゃおまへんか♪
古口白山神社祭
白山神社祭の大名行列が見られます
添川両所神社御獅子舞
勇壮な獅子の姿に大地の躍動を感じ取る
夏宵まつり
東田川郡庄内町余目  余目駅前〜茶屋町通り
酒田港まつり・甚句流し
酒田市中町ほか
古口白山神社祭
最上郡戸沢村大字古口 
添川両所神社御獅子舞
鶴岡市添川字楯ノ沢

  • Copyright © 庄内観光コンベンション協会. All Rights Reserved.