【善宝寺】五百羅漢堂 特別拝観

安政2年(1855年)建立。531体の羅漢像は顔のつくり・表情・ポーズまで一つとして同じものはありません。北前船で財を成した商人達の寄進によって建てられた、北前船西回り航路の繁栄を感じさせる貴重な文化的遺産です。「亡き人の面影しのぶ五百羅漢」と詠われるように、かつて写真のない時代には亡くなった人に似た顔を五百体の中から見つけて、そこへ手を合わせたと言います。現在は東北芸術工科大学のご協力により、老朽化が目立ってきた羅漢像の修復を進めています。
身に着けているお袈裟の模様まで一体一体すべての違いが確認できますので、ぜひご拝観ください。(チラシ紹介文より)

期 間:平成30年4月1日(日)~6月30日(土)
    9:00~15:00(15:30閉館)
会 場:龍澤山 善宝寺
    (鶴岡市下川字関根100)
拝観料:500円
    羅漢堂・本堂・龍王殿・慈照殿が拝観できます。
    ※尚、龍王殿は10時・12時・14時祈祷後に限ります。
拝観チケット販売所:案内所/五百羅漢堂

お問合せ:龍澤山 善宝寺
     TEL 0235-33-3303

【善宝寺】五百羅漢堂 特別拝観

  • Copyright © 庄内観光コンベンション協会. All Rights Reserved.