湯殿山総本寺 大日坊瀧水寺
だいにちぼう

湯殿山信仰の極み 即身仏「真如海上人」安置


庄内三十三観音9番礼所。
弘法大師が開山された寺として知られる湯殿山の総本寺です。
弘法大師自作の御本尊と即身仏「真如海上人」、国指定重要文化財「釈迦如来(金剛仏)」を安置し、徳川将軍家の祈願寺で春日局が参詣した寺として、全国に名を轟かす由緒ある寺です。
また、風神雷神が安置されその奥には鎌倉時代の運慶作の仁王像が鎮座する「仁王門」(山形県指定文化財)があります。
旧境内にそびえ立つ樹高約27メートルの老杉「皇壇の杉」(山形県指定文化財)は近年パワースポットとして注目を集めています。
宿泊も可能。(要予約)

※平成27年は未歳御縁年で秘仏御本尊が御開帳となります。
 公開期間:平成27年1月1日〜12月31日
 即身仏[真如海上人〕衣替大祭:平成27年6月1日
詳しい内容は、大日坊ホームページをご覧ください。

DATA

住所鶴岡市大網入道11
TEL0235-54-6301
営業時間8:00〜17:00
料金拝観料
 大人 500円
 中高生 400円
 小学生 300円
 (30名以上団体割引あり)
駐車場50台
アクセスJR鶴岡駅から湯殿山行バスで40分 大網下車徒歩で7分
山形自動車道 月山ICから車で40分
山形自動車道 庄内あさひICから車で15分
ホームページ詳細はこちら




  • Copyright © 庄内観光コンベンション協会. All Rights Reserved.