田麦俣の多層民家(旧渋谷家住宅)
たむぎまたのたそうみんか(きゅうしぶやけじゅうたく)

かや葺きの屋根が美しい建築物


外観・夏

文政5年(1822年)に建てられたもので、生活様式の変化により無くなりつつある山村文化を残そうと、昭和40年(1965年)に、湯殿山の山麓、田麦俣から致道博物館へ移築・保存されました。
2〜3階は蚕場で、兜造りと呼ばれるかや葺き屋根が美しい建築物で、映画「蝉しぐれ」のロケも行われました。昭和44年には国の重要文化財に指定、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで一ツ星を獲得しました。

DATA

住所鶴岡市家中新町10-18
TEL0235-22-1199 ((財)致道博物館)
営業時間(3月〜11月)9時30分から17時
(12月〜2月)9時30分から16時
定休12月〜2月は毎週水曜日、12月29日〜1月3日
料金(個人)一般 700円、学生380円、小中生280円
(団体20名以上)一般 600円、学生350円、小中生200円
(100名以上)一般 450円、学生250円、小中生120円
駐車場有り。20台。
鶴岡公園駐車場など周辺駐車場も利用できます。
アクセス鶴岡駅から湯野浜温泉方面バス10分 致道博物館前下車すぐ
山形自動車道 鶴岡ICより車で10分
日本海東北自動車道 鶴岡西ICより車で15分
備考指定年月日:昭44.12.18
員数:1棟
【建造及び形式】
桁行15.4m・梁間10.9m
一重三階、寄棟造、茅葺
ホームページ詳細はこちら




  • Copyright © 庄内観光コンベンション協会. All Rights Reserved.