見どころ


醍醐山 大善寺

詳細

庄内十三仏霊場十一番

大正時代の初め農民運動の指導者・さきがけといわれた漆曽根村(現・酒田市)の地主兼自作農であった渡部平治郎が晩年出家して自宅に大善寺を開いた。阿しゅく如来と身代り観音、地蔵菩薩、不動明王を祀る。妻帯修験山伏の寺である。
宗派      :真言宗醍醐派
十三仏    :阿しゅく如来(「しゅく」は門の中に人…


内藤秀因水彩画記念館

詳細

水彩画界の巨匠、故内藤秀因画伯の作品を収蔵・展示しています

日本水彩画会理事長であった内藤秀因画伯の水彩画約2,000点を収蔵・展示しており、季節によって展示も変化していきます。
町立図書館と併設されており、町民の憩いの場としても親しまれています。


黒川能の里王祇会館

詳細

国指定重要無形民俗文化財「黒川能」を知る

重要無形民俗文化財「黒川能」を広く紹介する施設で、毎年2月1日から2日夕方まで夜を徹して行われる「王祇祭」の稚児舞「大地踏」を実物大の人形で再現しているほか、「王祇祭」「黒川能の1年」「水焔の能と蝋燭能」「豆腐祭 −昭和41年−」の4本の番組を大型スクリーンで展示しております。


浄福寺

詳細

◎宗派/真宗大谷派
◎開山/文明7年(1475)
◎開祖/明順
◎本尊/阿弥陀如来


酒田最古の建造物唐門で有名。入母屋、唐破風造、瓦ぶきで型は大谷宗祖廟に準ずる。本間光丘の寄進で寛政12年(1800年)に完成。

境内の入口にある唐門は酒田市指定の文化財。浄土真宗の古刹であるが、商家の信仰も篤く、江戸時代、酒田の豪…


奥の細道内川乗船の地跡

詳細

松尾芭蕉の足跡

3日間、長山邸に滞在した松尾芭蕉は、屋敷近くにある内川・大泉橋のたもとにある船着き場から川船に乗り、内川・赤川・最上川と下り酒田に赴いたと言われています。
(大きさ 木製 高さ2.8m、巾0.3m標柱)


芭蕉坂 標柱

詳細

松尾芭蕉が酒田に上陸した桟橋から入った坂道

芭蕉が酒田市内に入ったであろうとされる道筋の坂道に『芭蕉坂』の標柱が建てられています。
見上げれば神明神社の階段、眼下には酒田本港を見下ろすことができ、芭蕉が訪れた時代の酒田湊の光景を思い描くことができます。

※神明神社は老朽化が進み危険なため立入禁止


萬歳山 冷岩寺

詳細

庄内礼所三十三観音霊場第二十四番

鶴岡にある総穏寺の末寺で文禄年間(1592-95)に創建されました。創建当時は天台宗であったが後に曹洞宗に改宗し現在に至っています。本堂にある走り大黒はこの地が米作地ということで俵の上には乗っていません。
宗派     :曹洞宗
七福神    :大黒天(インドの神様)
御利益    :福徳開運・財産授与・良縁成…


福王寺稲荷神社

詳細

元は福王寺と言うお寺

元は福王寺と言うお寺でしたが廃寺となりこの地区の鎮守の神として稲荷神を祀る。稲倉魂命を祀る。


青原寺

詳細

庄内十三仏霊場八番

山形藩主最上義光の家臣で長谷堂合戦で戦功があり後に酒田(亀ヶ崎)城主となった志村光安が、長谷堂城主時代に菩提寺だった清源寺(山形市長谷堂)から峰岩呑鷲和尚を招き建立した。本堂裏に志村光安と奥方のお墓と龍神堂がある。
宗派      :曹洞宗
十三仏    :観世音菩薩
裁判官(読み):平等王(びょうどうおう)



地図に表示中の施設一覧
醍醐山 大善寺
庄内十三仏霊場十一番
内藤秀因水彩画記念館
水彩画界の巨匠、故内藤秀因画伯の作品を収蔵・展示しています
黒川能の里王祇会館
国指定重要無形民俗文化財「黒川能」を知る
浄福寺
奥の細道内川乗船の地跡
松尾芭蕉の足跡
芭蕉坂 標柱
萬歳山 冷岩寺
庄内礼所三十三観音霊場第二十四番
福王寺稲荷神社
元は福王寺と言うお寺
青原寺
庄内十三仏霊場八番
醍醐山 大善寺
酒田市大字漆曽根字四合田129
内藤秀因水彩画記念館
東田川郡庄内町余目字三人谷地58-1
黒川能の里王祇会館
鶴岡市黒川宮の下253
浄福寺
酒田市中央西町4-29
奥の細道内川乗船の地跡
鶴岡市山王町
芭蕉坂 標柱
酒田市船場町1-10 (皇大神社(神明様)階段下)
萬歳山 冷岩寺
庄内町狩川字阿古屋42
福王寺稲荷神社
鶴岡市羽黒町手向字手向174
青原寺
山形県酒田市亀ヶ崎 4-1-23

  • Copyright © 庄内観光コンベンション協会. All Rights Reserved.