見どころ


南洲神社

詳細

西郷隆盛の遺徳をたたえる

昭和51年6月に竣工した総桧造、銅版葺の神殿です。
西郷隆盛の遺徳をたたえ、南洲翁に関する遺墨、遺品、研究資料をはじめ、明治維新や荘内文学の書など数多く収蔵しています。


致道博物館

詳細

鶴岡の歴史や文化を紹介・展示する博物館

かつての鶴ヶ岡城の三の丸、庄内藩主酒井家の御用屋敷だったところを博物館として公開しております。
中には国指定重要文化財の旧西田川郡役所や、多層民家、旧鶴岡警察署庁舎など、貴重な歴史的建築物が移築されています。
また珍しい書院造りの庭園や、庄内地方の生活文化を物語る民具など、重要有形民俗文化財 8種5,350…


十六羅漢岩

詳細

日本海の荒波に洗われる岩に彫られた羅漢像

吹浦海禅寺21代寛海和尚が、仏教の隆盛と衆生の救済を願って1864年に造佛を発願し、地元の石工たちを指揮5年の年月をかけて明治元年22体の磨崖仏を完工しました。
16の羅漢に釈迦牟尼、文殊菩薩、普賢菩薩、観音、舎利仏、目蓮の三像を合わせて22体。
これだけの規模で岩礁に刻まれているのは日本海側ではここだけといわ…


朝日スーパーライン

詳細

山形県と新潟県を結ぶ全長52kmの大自然ロード

「朝日スーパーライン」は、より自然を体感でき、10月の紅葉は絶景です。


石原莞爾の墓

詳細

戦後に遊佐町に理想郷を建設した石原莞爾の墓所です

元陸軍中将石原莞爾の墓所が遊佐町にあります。
石原莞爾は鶴岡市の生まれ。
終戦後の昭和21年に飽海郡高瀬村(現在の遊佐町)に移住し、同志を指導して集団農場を拓きました。
きれいに手入れされた墓所には「都市解体」「農工一体」「簡素生活」と書かれた石碑が建てられています。
すぐ近くに集団農場の人たちが共同生活…


いでは文化記念館

詳細

出羽三山文化と修験の世界を学び、体験し、未来へ伝える

出羽三山の歴史、羽黒修験道の特徴や文化を分かりやすく紹介しています。
法螺貝無料体験もできます。
館内には羽黒町観光協会が併設しており、羽黒山観光の拠点となっています。


本明寺

詳細

湯殿山信仰の極み 即身仏「本明海上人」安置

即身仏の「本明海上人」(ほんみょうかいしょうにん)が安置されています。
庄内地方に現存する6躯の即身仏の中で最も古く、損傷の少ない姿で残されているが、それは上人の徹底した木食行の賜物であると言われています。
即身仏堂の隣には、入定塚(にゅうじょうづか)も残されており、信者による石碑も建立されています。


鶴巻池

詳細

月山北部にたたずむ神秘的で風情のある池

月の沢温泉北月山荘周辺にある池で、周辺の紅葉が水面鏡のように映し出されるさまは絶好の写真撮影スポットです。


鳥海山大物忌神社吹浦口ノ宮

詳細

出羽の國一宮です

創祀は欽明天皇二十五年(1400年以上前)の御代と伝えられています。
鳥海山に噴火などの異変が起こると朝廷から奉幣があり鎮祭が行われました。
本社は山頂に鎮座し、麓に「口の宮」と呼ばれる里宮が吹浦と蕨岡の二ヶ所に鎮座しています。
御祭神 大物忌大神 月山神
5月5日の例大祭と4日の前夜祭には吹浦田楽が奉納されま…


道の駅「月山」・月山あさひ博物村 観光くり園

詳細

大自然のなかで秋の味覚「栗」を収穫しよう!

約10種約50本のクリの木があり、家族・グループで栗ひろいが楽しめます。
栗の種類は早生栗〜有磨〜利平栗など約10種類。
広さは1.5ヘクタールでくり園開園中は特別ランチも楽しめます。
【入場・特別ランチともに要予約】



地図に表示中の施設一覧
南洲神社
西郷隆盛の遺徳をたたえる
致道博物館
鶴岡の歴史や文化を紹介・展示する博物館
十六羅漢岩
日本海の荒波に洗われる岩に彫られた羅漢像
朝日スーパーライン
山形県と新潟県を結ぶ全長52kmの大自然ロード
石原莞爾の墓
戦後に遊佐町に理想郷を建設した石原莞爾の墓所です
いでは文化記念館
出羽三山文化と修験の世界を学び、体験し、未来へ伝える
本明寺
湯殿山信仰の極み 即身仏「本明海上人」安置
鶴巻池
月山北部にたたずむ神秘的で風情のある池
鳥海山大物忌神社吹浦口ノ宮
出羽の國一宮です
道の駅「月山」・月山あさひ博物村 観光くり園
大自然のなかで秋の味覚「栗」を収穫しよう!
南洲神社
酒田市飯森山2-304-10
致道博物館
鶴岡市家中新町10-18
十六羅漢岩
飽海郡遊佐町吹浦西楯
朝日スーパーライン
鶴岡市朝日地域〜新潟県村上市
石原莞爾の墓
飽海郡遊佐町菅里字菅野
いでは文化記念館
鶴岡市羽黒町手向院主南72
本明寺
鶴岡市東岩本字内野388
鶴巻池
東田川郡庄内町立谷沢字西山1-67
鳥海山大物忌神社吹浦口ノ宮
飽海郡遊佐町吹浦布倉1
道の駅「月山」・月山あさひ博物村 観光くり園
鶴岡市越中山字名平3-1

  • Copyright © 庄内観光コンベンション協会. All Rights Reserved.