見どころ


羽黒山斎館

詳細

庄内平野の雄大な景色とともに羽黒山伏が伝承した精進料理を味わえる

元「華藏院」で山伏の住した遺構として今に残る唯一の建物。
食事と宿泊ができ、旬の山菜やきのこを素材にした精進料理を味わえます。


石原莞爾の墓

詳細

戦後に遊佐町に理想郷を建設した石原莞爾の墓所です

元陸軍中将石原莞爾の墓所が遊佐町にあります。
石原莞爾は鶴岡市の生まれ。
終戦後の昭和21年に飽海郡高瀬村(現在の遊佐町)に移住し、同志を指導して集団農場を拓きました。
きれいに手入れされた墓所には「都市解体」「農工一体」「簡素生活」と書かれた石碑が建てられています。
すぐ近くに集団農場の人たちが共同生活…


月山花笠ライン

詳細

出羽三山を目指し行者が歩いた信仰の街道

山岳信仰のメッカ、出羽三山への道として知られる六十里越街道は、かつて全国から訪れる行者たちで賑わっていました。
その行者の往来した六十里越街道は、現在「月山花笠ライン」として趣を変え、全国のドライバーが訪れます。
とりわけ新緑・紅葉が美しく、ライン沿いには観光名所が点在してます。
眺望スポットも見逃せ…


川の駅最上峡くさなぎ

詳細

最上川芭蕉ライン舟下り・降船所


田麦俣多層民家(旧遠藤家住宅)

詳細

庄内と内陸を結ぶ六十里越街道の要、田麦俣地区に残る多層民家

四層構造の多層民家の里として知られている田麦俣地区。緑の中に茅葺き屋根の民家が点在し、まるで昔話の世界に迷い込んだ錯覚さえ覚えます。多層民家は、江戸時代後期の文化文政年間に建てられたものと推定されています。当初は寄棟造りで、明治に入り養蚕が盛んになると、輪郭と反りが美しい「兜造り」に屋根が改造され…


羽黒山正善院黄金堂

詳細

羽黒修験の祈りの証を伝えるお堂

正善院黄金堂は、源頼朝が平泉の藤原氏を討つにあたり、勝利祈願のため寄進したと伝えられている寺です。
境内には黄金埋蔵の伝説が残っており、国の重要文化財にも指定されています。


角川の大杉

詳細

大きな杉の巨木は、周りの杉と比べると驚くほどの大きさです

山形県指定天然記念物です。
今熊野神社にあり、樹高 40m、目通り幹囲 9.7m、推定樹齢は1,200年以上もあり、周りの杉の木と比べると、まさに自然の驚異です。


月山(姥沢登山口)

詳細

姥沢登山口

リフトを利用するコース。


湯殿山の紅葉

詳細

旅館1、売店あり、信仰の山と相まって盛況。


旧風間家住宅 「丙申堂」

詳細

当時の豪商の面影が残る石置屋根が特徴の建物

鶴岡城下で庄内藩の御用商人として発展した風間家が、明治29年丙申の年に武家屋敷跡に住居と営業の拠点として建てられました。
薬医門(約200年前の武家門)のある商家として当時の繁栄ぶりをよく残しています。
約4万個の石が置かれた「石置屋根」が特徴で、主屋を中心に4つの蔵や広大な板の間と大黒柱など、豪商の往時の…



地図に表示中の施設一覧
羽黒山斎館
庄内平野の雄大な景色とともに羽黒山伏が伝承した精進料理を味わえる
石原莞爾の墓
戦後に遊佐町に理想郷を建設した石原莞爾の墓所です
月山花笠ライン
出羽三山を目指し行者が歩いた信仰の街道
川の駅最上峡くさなぎ
田麦俣多層民家(旧遠藤家住宅)
庄内と内陸を結ぶ六十里越街道の要、田麦俣地区に残る多層民家
羽黒山正善院黄金堂
羽黒修験の祈りの証を伝えるお堂
角川の大杉
大きな杉の巨木は、周りの杉と比べると驚くほどの大きさです
月山(姥沢登山口)
姥沢登山口
湯殿山の紅葉
旧風間家住宅 「丙申堂」
当時の豪商の面影が残る石置屋根が特徴の建物
羽黒山斎館
鶴岡市羽黒町手向字羽黒山
石原莞爾の墓
飽海郡遊佐町菅里字菅野
月山花笠ライン
鶴岡市田麦俣
川の駅最上峡くさなぎ
戸沢村草薙
田麦俣多層民家(旧遠藤家住宅)
鶴岡市田麦俣七ツ滝135
羽黒山正善院黄金堂
鶴岡市羽黒町手向231
角川の大杉
最上郡戸沢村大字角川
月山(姥沢登山口)
湯殿山の紅葉
鶴岡市田麦俣六十里山7
旧風間家住宅 「丙申堂」
鶴岡市馬場町1-17

  • Copyright © 庄内観光コンベンション協会. All Rights Reserved.