出羽の古道 六十里越街道トレッキング

でわのこどう ろくじゅうりごえかいどうとれっきんぐ

ユキツバキやブナの新緑・紅葉に彩られる千二百年の歴史街道

庄内地方と内陸を結ぶ「六十里越街道」は1,200年前から開かれたと伝えられています。
鶴岡から松根、十王峠、大網、塞ノ神峠、田麦俣を経て大岫峠を越えて志津、本道寺、寒河江を通り山形に至る険しい山岳道でした。山岳信仰が盛んだった室町・江戸時代には湯殿山を目指して、東北、関東の各地から訪れる人たちで大変賑わったと言われています。
毎年5月〜11月まで六十里越街道トレッキングを開催しています。
街道沿線や月山・湯殿山など周辺の山々の新緑・紅葉はまさに絶景!!また、歴史街道でもあるので街道案内ボランティアもご用意しております。

基本情報

住所山形県鶴岡市田麦俣
営業時間5月〜11月
備考ガイドやコースなど、詳細ご予約の際にあさひむら観光協会にお尋ねください。

問い合わせ先

問い合わせ先あさひむら観光協会
電話番号0235-53-3411
FAX番号0235-53-2400
関連サイト