荘内大祭

しょうないたいさい

庄内藩の参勤交代を再現 勇壮華麗な歴史絵巻を繰り広げます

荘内神社が創建された明治10年に、旧藩主を慕う市民の手でかつての大名行列が再現されたお祭りです。
天下人秀吉より賜った金びょうたん槍を先頭に、奴振り、鎧武者の甲冑列など総勢約500名からなる大名行列が、歴史絵巻を繰り広げます。
また荘内神社を舞台に、酒井公が手厚く保護したという国指定重要民俗文化財「黒川能」が奉納上演されるほか、夜には、鶴ヶ岡城の外堀であった内川の水面を灯籠流しの灯りが彩ります。

カテゴリー
祭り・伝統行事

基本情報

開催期間 毎年8月14日・15日
2019年8月14日(水曜日)、15日(木曜日)
住所山形県鶴岡市馬場町4-1
交通アクセス山形自動車道 鶴岡ICから車で10分
日本海東北自動車道 鶴岡西ICから車で15分
料金なし

問い合わせ先

問い合わせ先荘内大祭実行委員会(荘内神社)
電話番号0235-22-8100
関連サイト