雪の能 まつやま大寒能

ゆきののうまつやまだいかんのう

静寂と幽玄な能の世界をお楽しみください。

松山能は、松山藩主酒井忠恒の時代で寛文の頃(1660年〜)、江戸勤番の松山藩士が能楽を修得したことに始まりました。
明治維新後、武家から町方に伝わり演能団体「松諷社(しょうふうしゃ)」によって受け継がれ、昭和55年に県の無形民族文化財に指定されています。
年3回の公演のなかで、大寒能(毎年1月第4土曜日)は、能関係者の追悼供養として小雪が舞う静寂の中で上演されます。
上演後には、「雪見の宴」が催され、役者とお客さんが納豆汁を囲んで交流を深めます。

【演目】
●子ども狂言「きのこ山伏」(13時30分から)
●狂言「末広がり」(13時50分から)
●能「羽衣」(14時15分から)

カテゴリー
祭り・伝統行事

基本情報

開催期間 毎年1月第4土曜日
住所山形県酒田市字新屋敷34
交通アクセス●JR羽越本線「酒田駅」より車で約30分
●JR羽越本線「余目駅」より車で約10分
●日本海東北自動車道「酒田中央IC」より車で約15分
駐車場●普通車:200台
料金●前売り:2,000円(抹茶、宴料金含む)
※当日は2,200円
備考前売り入場券販売先
酒田ふれあい商工会、松山文化伝承館、松山城址館、松嶺コミュニティセンター、松山総合支所、酒田市総合文化センター、生涯学習施設「里仁館」

毎年1月第4土曜日開催

問い合わせ先

問い合わせ先酒田市松山総合支所建設産業課
電話番号0234-62-2611