黒森歌舞伎正月公演

くろもりかぶきしょうがつこうえん

東北二大農村歌舞伎「冬の黒森」

江戸時代中期の享保年間から、黒森地区の日枝神社の祭礼に奉納されたといわれる農民歌舞伎で、280年以上もの間伝承されてきました。
雪の中で観ることから「雪中芝居」「寒中芝居」といわれ、出し物の多いこと、スケールの大きいことは全国屈指です。
東北二大農村歌舞伎として「冬の黒森、夏の檜枝岐」称されています。
歌舞伎と共に厳寒の社殿で、毎年旧正月にあたる2月の2日間(15日・17日)に奉納されています。
桟敷席では毛布や湯たんぽの提供もあります。


2020年の演目は『義経千本桜』に決まりました。
源義経の都落ちを題材にした、黒森歌舞伎の十八番です。
※平成22年(2010)の上演以来10年ぶりの演目です。

基本情報

開催期間 毎年2月15日・17日開催
住所山形県酒田市黒森字村中47
交通アクセスJR羽越本線「酒田駅」より車で約20分
日本海東北自動車道「酒田IC」より車で約12分
庄内交通 湯野浜温泉行き「中黒森」下車、徒歩で3分
駐車場普通車:あり
料金有料席あり
備考客席は屋外です
防寒着の着用など防寒対策をご用意ください

問い合わせ先

問い合わせ先酒田市教育委員会社会教育課
電話番号0234-24-2994
関連サイト

このスポットから近い宿泊施設

酒田・鶴岡エリアの宿泊施設を探す