鶴岡の寺社仏閣と温泉で 「詣でる つかる 頂きます」

つるおかのじしゃぶっかくとおんせんで「もうでる、つかる、いただきます」

月山(過去)、羽黒山(現在)、湯殿山(未来)の三山を巡る「生まれかわりの旅」は、江戸時代に「出羽三山詣」として庶民に流行しました。参拝者は、三山で採れた山菜が中心の「精進料理」を食べて入山し、下山後は三山ゆかりの温泉につかって俗世に戻り、地酒と旬の食材で今を楽しむ「精進落とし」の流儀を楽しみました。「詣でる つかる頂きます」は遠くの神さま仏さまに出逢い、大地の恵みに感謝して頂く、鶴岡の旅の楽しみ方です。
湯野浜・あつみ・湯田川・由良温泉の対象となる旅館が「つかる」「頂きます」の企画・内容で宿泊プランを提供いたします。

基本情報

開催期間 2019年4月~2020年3月
住所山形県鶴岡市