楯山公園

たてやまこうえん

桜の名所と庄内平野を一望できるビュースポットがあります

楯山公園は、大堰をつくり庄内平野開墾の父とされる北館大学利長公の居城、狩川城跡で、大正四年に天皇陛下の即位を記念し公園として整備されました。庄内平野を一望できる小高い丘の上に位置し、約200本のソメイヨシノが咲き誇る様はとても美しく、かつて山形新聞社主催の観光地投票で山形県一位になったこともある桜の名所です。
例年4月中下旬が見頃です。
令和3年はライトアップ中止となりました。(例年は4月第1土曜日〜GW明けまではぼんぼりやイルミネーションを点灯します。)
新型コロナウイルスの感染拡大防止の措置として、令和3年の桜まつりは中止とします。(例年であれば、楯山公園桜まつり名物の鰊あぶり、豚あぶり、グランドゴルフやカラオケなどをお楽しみいただけます。)

カテゴリー
公園 花・木
タグ

基本情報

住所山形県東田川郡庄内町狩川字楯山
交通アクセスJR狩川駅から徒歩で10分
備考【例年の見頃:4月下旬〜5月上旬】

問い合わせ先

問い合わせ先庄内町立川総合支所立川地域振興係
電話番号0234-56-2217
関連サイト