三崎公園

みさきこうえん

歴史と文化、自然を楽しむ松尾芭蕉も歩いた道

三崎という名前の由来は、不動、大師、観音の三つの岬からなることからつけられました。
三崎公園は山形県と秋田県との県境にあり自然だけではなく歴史や文化にもふれられる景勝地です。
整備された遊歩道からは日本海と夕陽を眺めることができます。
松尾芭蕉も歩いたと言われる三崎山旧街道(奥の細道)も遺されています。
この旧道は箱根の山より険しいといわれ、日本海側の街道随一の難所として知られました。
「地獄谷」「駒泣かせ」「沓掛」などの地名が当時をしのばせてくれます。
旧道沿いには山形県の天然記念物であるタブ林、慈覚大師が開いたと言われる大師堂、旧道の石畳などがあり、歴史や自然にもふれることができます。

カテゴリー
公園

基本情報

住所山形県飽海郡遊佐町吹浦三崎
交通アクセスJR吹浦駅から車で10分
日本海東北自動車道 酒田みなとICから車で25分
駐車場30台

問い合わせ先

問い合わせ先NPO法人遊佐鳥海観光協会
電話番号0234-72-5666
関連サイト

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットから近い宿泊施設

酒田・鶴岡エリアの宿泊施設を探す