木野俣獅子踊

きのまたししおどり

軽快に舞う獅子踊り

木野俣獅子踊は熊野神社例祭の神事として演じられます。
獅子頭が張子式で極めて軽くできており、胸の太鼓を自分で打ちならしながら、はねるように軽快に踊るのが特徴です。
鶴岡市の無形民俗文化財に指定されています。

カテゴリー
祭り・伝統行事

基本情報

開催期間 毎年5月5日
住所山形県鶴岡市木野俣
交通アクセス山形自動車道 鶴岡ICから車で約40分、降車後徒歩で約20分
日本海東北自動車道 あつみ温泉ICから車約20分、降車後徒歩で約20分

問い合わせ先

問い合わせ先木野俣獅子踊保存会
電話番号0235-47-2375