内川

うちかわ

市街地の中心部を流れ、川辺は桜並木が美しい河川

鶴岡市街地をゆっくりと流れる内川は、古くから市民の川として親しまれ、藤沢周平の小説に登場する「五間川」のモデルとなった川と言われています。
周辺の桜並木は、鶴岡公園のにぎわいとはまた一つ趣を異にする味わいがあり、8月の旧盆(荘内大祭)には灯籠流しも行われます。
また、内川には様々な橋がかけられており、その中の一つ、朱ぬりの「三雪橋」(みゆきばし)は、金峯山・鳥海山・月山の三山をとても美しくみることができたことから命名されました。
内川周辺には、「鶴岡御城下絵図」など、所々にそぞろ歩きの楽しくなる案内等がありますので、ゆっくりと「城下町・鶴岡」を散策できます。

カテゴリー
川・滝・湖
タグ

基本情報

住所山形県鶴岡市
交通アクセス鶴岡駅から徒歩10分
山形自動車道 鶴岡ICから車で10分
日本海東北自動車道 鶴岡西ICから車で15分
備考桜の見頃 4月中旬~下旬

問い合わせ先

問い合わせ先鶴岡市観光物産課
電話番号0235-25-2111

このスポットから近い宿泊施設

酒田・鶴岡エリアの宿泊施設を探す