鶴岡カトリック教会 天主堂

つるおかかとりっくきょうかい てんしゅどう

赤い棟屋が大きく目立つ白亜の教会

フランス人神父の全財産と寄付により、1903年(明治36年)に建てられ、明治ロマネスク様式建築の傑作として名高く、国指定重要文化財となっています。
旧庄内藩家老の末松家の屋敷跡に建てられたもので、入り口の門は当時の武家屋敷の面影を残す和洋混在の一風変わった空間です。

天主堂には、高い天井の曲面(リブ・ヴォールト天井)の美しい聖堂が目に入り、バジリカ型三廊式とよばれるつくりとなっています。
聖堂の左側にある副祭壇には、日本でただ一体の「黒いマリア像」が安置されています。
この天主堂ができた記念にフランスのデリヴランド修道院から贈られたもので、世界的にも珍しく貴重な像です。

基本情報

住所山形県鶴岡市馬場町7-19
交通アクセスJR鶴岡駅から循環バス2コース「マリア幼稚園前」下車徒歩すぐ
山形自動車道 鶴岡ICから車で10分
日本海東北自動車道 鶴岡西ICから車で15分
駐車場鶴岡市役所第二駐車場等を御利用ください
営業時間(4月〜9月)
 8:00〜18:00
(10月〜3月)
 8:00〜17:00

定休:
なし
料金無料

問い合わせ先

問い合わせ先鶴岡カトリック教会
電話番号0235-22-0292
関連サイト

ここに行くモデルコース

庄内に残る歴史的建造物をめぐる旅

このスポットから近い宿泊施設

酒田・鶴岡エリアの宿泊施設を探す