春日神社 王祇祭(黒川能 奉仕)
かすがじんじゃ おうぎさい(くろかわのう ほうし)

旧例祭 夜を徹して執り行われる幽玄な神事能


平安時代初期の大同2年(806年)創建といわれている春日神社の旧例祭で、最も重要なお祭りです。
2月1日未明に春日神社の神霊が宿る王祇様を上座、下座それぞれの民家(当屋)にお迎えし、座狩(総点呼)と振る舞いが行われた後、夕刻から幼児が勤める「大地踏」、そして「黒川能」の式三番、能5番、狂言4番が夜を徹して演じられます。
翌日は、ご神体が春日神社に還り、神前で脇能、大地踏、式三番が行われ、その他に「尋常事」など様々な神事も織り込まれながら、夕刻までお祭りが行われます。
また、このお祭りは別名「とうふ祭り」とも呼ばれ、「凍み豆腐」が振る舞われます。

DATA

開催時期2016/02/01~2016/02/02
会場春日神社 他
住所鶴岡市黒川字宮の下291
TEL0235-57-5310 (黒川能保存会(黒川能の里 王祇会館))
料金10,000円程度
駐車場80台
アクセスJR鶴岡駅から車で20分
山形自動車道 庄内あさひICから車で20分
日本海東北自動車道 鶴岡西ICから車で30分
備考鑑賞申込みの受付は4月1日から11月30日まで
12月下旬に抽選結果を申込者全員にお知らせします
ホームページ詳細はこちら




  • Copyright © 庄内観光コンベンション協会. All Rights Reserved.