カレンダーからさがす

 
 


佐藤藤蔵祭

詳細

遊佐町を砂丘地の飛び砂から救った恩人を讃える

佐藤藤左衛門(藤蔵の父)親子は、砂丘地からの飛び砂の害に苦しんでいた人たちを救うために、延享3年(1746)植林の作業に取りかかりました。
ヤナギ・ネムノ木・フジ・クロマツ・ツツジ・サンショウなど多くの種類の種や苗木を植え付けてみました。
しかし、作業は困難を極め、宝暦2年(1752年)藤左衛門は植林の半ばで倒れて…


戴邦碑祭

詳細

藩主の国替えを農民と一緒に阻止した文隣和尚に感謝の気持ちをささげる祭

戴邦碑祭は、毎年7月16日に江地の玉龍寺で行われます。
天保11年(1840年)庄内藩主酒井家にお国替えの沙汰がありました。
名君として慕われていた酒井公のお国替えに反対した領民が江戸に出て直訴をするという事件があり、その中心になったのが玉龍寺住職文隣でした。
領民の忠義に心をうたれた仙台公や水戸公の後ろ盾を…


出羽三山神社例大祭(花祭り)

詳細

五穀豊穣、家内安全を祈願する出羽三山神社の例大祭

三山の神輿が御手洗池(鏡池)の周りを練り歩き、稲の花に見立てた造花をつけた梵天が神輿の行列に加わります。
古来より、神前に供えられた花は魔除け、豊作のお守りとして霊験があるといわれ、鏡池を一周した後、境内を埋め尽くした参拝客たちがこの花を奪い合います。


祈年祭(御田植祭)

詳細

山の神を田の神としてお迎えする五穀豊穣を願う祭

出羽三山神社三神合祭殿で行われる神事です。
「としごいのまつり」とも呼ばれ、「とし」とは穀物、とくに稲を意味し、合祭殿の神前を水田に見立て、鎌行事、鍬行事、いぶり(柄振)行事、種蒔き行事と農耕の行事が行われ、植え初め式に続いて、田植舞を奉納して五穀豊穣を願います。


佐藤政養祭

詳細

初代鉄道の助佐藤政養の功績を讃える

初代鉄道の助佐藤政養は遊佐町升川の出身です。
農業のかたわら学問・彫刻を学んでいました。
33歳にしてさらに学問のために江戸に出て漢学・彫刻を学びましたが、幕末の動乱の中では、安閑と学問に励むことは許されず、勝海舟の勝塾で砲術等を学びました。
その後、明治政府から取り立てられ新橋横浜間に日本で初めての鉄…


諏訪部祭

詳細

大地震に領民を救った代官諏訪部権三郎に感謝する祭り

毎年5月15日に本願寺(浄土宗)で行われます。
文化元年(1804年)鳥海山の噴火と大地震に見舞われた遊佐郷では大きな被害に見舞われました。
この時に遊佐郷の代官であった諏訪部権三郎は、食べるものも、寝る所もない多くの人たちを見て、殿様の許可を待たないで、数カ所の郷蔵を開け人々に米を与え食べさせました。
殿さ…


春日神社例大祭

詳細

国指定重要無形民俗文化財「黒川能」 春の例祭

500年以上に渡り伝承されてきた国指定重要無形民俗文化財「黒川能」。
創建は平安時代初期の大同2年(806年)といわれている春日神社の社殿内で、神事、式三番、能二番、狂言一番を奉納いたします。


添川両所神社御獅子舞

詳細

勇壮な獅子の姿に大地の躍動を感じ取る

貞亨3年(1686年)両所神社が現在地に奉還された時に村をあげての大祭典がおこなわれました。
その際に氏子の壮者が獅子踊を競って奉納したのが始まりとされています。
三百数十年の間、例祭日に毎年かかさすことなく奉納されて今日に至っています。
(鶴岡市指定無形文化財)


古郡神楽

詳細

受け継がれた様々な出し物に観客は魅了される

慶長6年(1601年)最上義光家臣、新関因幡守久正が藤島城主となりました。
干害に悩まされ続けた農民を救うため、現在の因幡堰(いなばぜき)開墾の大工事を行った際、池神社に21日間おこもりをして完成を祈願しました。
因幡堰が完成した際、池神社前に奉納した神楽が古郡神楽の始まりと言われています。
後に剣の舞など…


あつみ温泉 雛まつり

詳細

温泉街で流し雛

お子様の健やかな成長を祈願する「流し雛」を行います。

3月1日開始の「あつみ温泉 湯のまち人形めぐり」の期間中、人形を展示している旅館や商店に折り紙を設置しておりますので、雛人形を折ってお預けください。
この日にご祈祷し、実行委員会がお客様に代わって温海川で雛流しを行います。
また、遠方にお住まいのお客…



地図に表示中の施設一覧
佐藤藤蔵祭
遊佐町を砂丘地の飛び砂から救った恩人を讃える
戴邦碑祭
藩主の国替えを農民と一緒に阻止した文隣和尚に感謝の気持ちをささげる祭
出羽三山神社例大祭(花祭り)
五穀豊穣、家内安全を祈願する出羽三山神社の例大祭
祈年祭(御田植祭)
山の神を田の神としてお迎えする五穀豊穣を願う祭
佐藤政養祭
初代鉄道の助佐藤政養の功績を讃える
諏訪部祭
大地震に領民を救った代官諏訪部権三郎に感謝する祭り
春日神社例大祭
国指定重要無形民俗文化財「黒川能」 春の例祭
添川両所神社御獅子舞
勇壮な獅子の姿に大地の躍動を感じ取る
古郡神楽
受け継がれた様々な出し物に観客は魅了される
あつみ温泉 雛まつり
温泉街で流し雛
佐藤藤蔵祭
遊佐町立藤崎小学校
戴邦碑祭
飽海郡遊佐町大字江地字上屋敷田76
出羽三山神社例大祭(花祭り)
鶴岡市羽黒町手向字羽黒山33
祈年祭(御田植祭)
鶴岡市羽黒町手向字羽黒山33
佐藤政養祭
飽海郡遊佐町吹浦字上川原
諏訪部祭
飽海郡遊佐町遊佐字倉ノ町19
春日神社例大祭
鶴岡市黒川字宮の下291
添川両所神社御獅子舞
鶴岡市添川字楯ノ沢
古郡神楽
鶴岡市古郡 池神社
あつみ温泉 雛まつり
鶴岡市湯温海甲188

  • Copyright © 庄内観光コンベンション協会. All Rights Reserved.