羽黒山 金剛樹院(天台宗)/ 庄内三十三観音 第2番

はぐろさん こんごうじゅいん

庄内三十三観音 第2番 羽黒山 金剛樹院(天台宗)について

■百物語(由来・歴史)
庄内唯一の天台宗寺院で、羽黒山内八大寺院の一つとして、能除太子が開基したとされる。来迎山千勝寺の首坊。

最上義光のお局であった妙円禅尼が住んでいたという同院裏のお局山には、妙円禅尼の御神仏・聖観世音菩薩を安置した観音堂と大昔の居住跡と思われる「羽黒山百穴」がある。
境内の庭園の金剛清水は、巡礼の喉を潤す水として知られている。

■御利益
現当(あの世とこの世)二世安楽
すべての苦しみを救います。
苦難除去、現世利益、病気平癒、厄除け、開運、極楽往生などとても幅広いご利益がある。

■おすすめポイント
寺宝 観音堂前の庭園(羽黒山中興天宥別当作)。
元三大師堂(神社・仏閣にあるおみくじを作った僧侶)
観音堂、天井絵80枚の中に江戸時代の油絵が一枚ある。
裏山は平安前期の古墳、中館跡の遺跡もある。
1日1組の宿坊体験あり。
予約で「お寺ごはん」(精進料理)がいただける。※最大20名まで(昼食)

■御本尊
聖観世音菩薩

基本情報

住所山形県鶴岡市羽黒町手向字手向285
交通アクセスJR鶴岡駅よりバス(羽黒方面行)
案内所前下車、徒歩2分
駐車場20台
中型バス駐車可能
備考参拝時間:8:00〜17:00
御朱印:金剛樹院境内
※他の札所でもらえなかった御朱印はここで一括していただくことができる。

問い合わせ先

電話番号0235-62-2564
関連サイト