白狐山 光星寺(曹洞宗)/ 庄内三十三観音 第6番

びゃっこさん こうしょうじ

庄内三十三観音 第6番 白狐山 光星寺(曹洞宗)について

■百物語(由来・歴史)
開山は恵通善知大和尚、開基は住宝波伝密九師大和尚。
861年(貞観3年)に羽黒山に滞在していた住宝僧正が、東北に瑞雲がたなびくのを見て霊地を感じ、祈願すること数日、白毛金尾の老狐が現れ、僧を先導してこの地まで導いたといわれる。僧正は老狐のために堂を建立した。
全国から多くの人が巡礼に訪れる寺院。庄内町では唯一の神仏習合のお寺である。
出羽三山信仰に基づいた「モリ供養」という独自の習俗があり、白狐山は「東の森」と呼ばれている。

■御利益
まんべんなく救う衆生の救済

■おすすめポイント
立ち並ぶ鳥居の景観。
独特の神仏の習合した風景。
庄内三十三観音の一つである十一面観世音菩薩をはじめとした様々な観音様が安座する「観音堂」
実在した白狐が祀られている「白狐殿」
この地に導いた白狐が今でも安座するといわれる「白狐澤」
国指定無形文化財である庄内地方の風習《モリ供養》の霊地「東の森:光明堂」
今現在も【古来の形式】でのモリ供養をおこなう「東のモリ供養」
「東の森の山」と「禅林の丘」からの景色は絶景。
時折響く「祈祷場」の太鼓の音。(祈祷は随時受付可)

■御本尊
十一面観世音菩薩

【光星寺 歴史ストーリー】宇賀の森 白狐伝説 -

基本情報

住所山形県東田川郡庄内町三ケ沢字中里47
交通アクセスJR狩川駅より車で8分
JR藤島駅より車で8分
駐車場大型・小型とも
駐車スペース有り
営業時間参拝時間 8:30-16:00
御祈祷、御供養、御朱印受付時間:8:30-15:00
(時間外にてご希望の場合は、直接お問い合わせください)
備考御朱印:光星寺

問い合わせ先

問い合わせ先三ヶ沢白狐山稲荷大明神
電話番号0234-56-2533
FAX番号0234-56-2534
メールアドレスbyakkosaninari@gmail.com
関連サイト