白狐山 光星寺

びゃっこさん こうしょうじ

庄内札所三十三霊場第六番

庄内三十三観音の一つであり、全国から多くの人が巡礼に訪れる寺院。貞観3年(861年)に羽黒山に留まっていた住宝僧正が白狐に導かれて開山したといわれ、庄内町では唯一の神仏習合のお寺である。出羽三山信仰に基づいた「モリ供養」という独自の習俗があり、白狐山は「東の森」と呼ばれている。

基本情報

住所山形県東田川郡庄内町三ケ沢字中里47
交通アクセスJR狩川駅より徒歩40分
駐車場大型・小型とも
駐車スペース有り
備考御朱印:光星寺

問い合わせ先

問い合わせ先三ヶ沢白狐山稲荷大明神
電話番号0234-56-2533