見龍山 円通寺(曹洞宗)/ 庄内三十三観音 第11番

けんりゅうざん えんつうじ そうとうしゅう

■百物語(由来・歴史)
本尊は准胝観世音菩薩である。
十六世紀に観音寺城を築城した来次氏は、円通寺を菩提寺とし、境内には城主の墓が残る。
本堂伽藍の三の丸紋は来生家の家紋である。山門も裏城門をそのまま使用。館跡、池跡なども残り、境内のそこここで往時の面影が偲ばれる。

■御利益
諸願成就
修道者守護、無病息災、延命のご利益があり、安産や子どもが授かるなどの功徳がある。

■おすすめポイント
本尊准胝観音は密教では女性尊であり“七千万の仏の母”で准胝仏母ともいわれる。
山門は観音寺城の裏城門である。
観音寺城は来次氏の菩提寺。
伊達家の家紋と同じため、何か関係があるかという問いがよくあるが、あくまでも来次家の家紋として伝わっている。

■御本尊
准胝観世音菩薩

基本情報

住所山形県酒田市麓字楯の腰50
交通アクセスJR酒田駅より車で約25分
駐車場20台
大型バス 可
備考参拝可能時間:9:00〜17:00
※事前申込必要
御朱印:円通寺

問い合わせ先

電話番号0234-64-2163
関連サイト