湯殿山総本寺 大網大日坊

ゆどのさんそうほんじ おおあみだいにちぼう

湯殿山信仰の極み 即身仏「真如海上人」安置

弘法大師が開山された寺として知られる湯殿山の総本寺です。
弘法大師自作の御本尊と即身仏「真如海上人」、国指定重要文化財「釈迦如来(金剛仏)」を安置し、徳川将軍家の祈願寺で春日局が参詣した寺として、全国に名を轟かす由緒ある寺です。
また、風神雷神が安置されその奥には鎌倉時代の運慶作の仁王像が鎮座する「仁王門」(山形県指定文化財)があります。
旧境内にそびえ立つ樹高約27メートルの老杉「皇壇の杉」(山形県指定文化財)は近年パワースポットとして注目を集めています。
庄内札所三十三霊場第九番。

基本情報

住所山形県鶴岡市大網字入道11
交通アクセス山形自動車道 月山ICから車で40分
山形自動車道 庄内あさひICから車で15分
駐車場50台
営業時間8:00~17:00
料金拝観料
 大人 500円
 中高生 400円
 小学生 300円
 (30名以上団体割引あり)
備考【仁王門】
指定年月日:平7.12.8
員数:1棟
構造及び形式:桁行3間 中央間3.78m
     左脇間2.15m
     右脇間2.15m
梁間2間 前間2.30m
     後間2.30m
三間一戸、八脚門、入母屋造、茅葺
所有者の住所:鶴岡市大網

問い合わせ先

電話番号0235-54-6301
関連サイト