本間美術館

ほんまびじゅつかん

公益の精神を今に伝える

文化10年(1813年)に建築され、名勝「鶴舞園」をはさんで本館と新館(昭和43年竣工)があります。
本館は清遠閣と称され、2階建ての銅板と瓦ぶきの建物です。
藩政時代は庄内藩主や幕府要人を、明治以後は皇族や政府高官、文人墨客を接待する酒田の迎賓館の役割を果たし、大正14年には昭和天皇のお宿にもなりました。
昭和22年に市民に開放され、全国に先がけて地方都市の私立美術館として開館しました。
所蔵品には、本間家が大名から拝領した品、歴史資料として価値の高い文書、当主が好んだ茶道の器物など、重要文化財や重要美術品が多数あります。
2009年には、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」にも掲載されています。

庄内ミュージアム連携会議作成(本間美術館)

基本情報

住所山形県酒田市御成町7-7
交通アクセス酒田駅より徒歩5分
庄内空港より酒田行バス終点庄交バスターミナル下車 徒歩1分
駐車場車30台
バス10台
料金個人:大人 900円 大高生 400円
団体:大人 810円 大高生 350円
※団体20名以上
備考土門拳記念館、酒田市美術館もあわせてご覧になりたい方は1年間有効の3館共通券(1,610円)もございます。(各施設1回入館)
本間美術館、本間家旧本邸との共通入館券1,400円もあります。

問い合わせ先

問い合わせ先本間美術館
電話番号0234-24-4311
FAX番号0234-24-4312
メールアドレスinfo@homma-museum.or.jp
関連サイト