女子旅におすすめ!ちょこっと寄れる日帰り温泉&足湯カフェ

2021.01.29

こんにちは、地元ライターの國本です。

全市町村に温泉があるという、温泉大国山形県。もちろんここ庄内にもたくさんの温泉施設があり、どこに行こうか迷ってしまうほどです。

宿泊施設でゆっくりと温泉に浸かるのも最高ですが、いろいろな場所を短期間で回りたい時などは、日帰りで温泉に入れる施設に寄ってみるのもまた楽しいですよね。

そこで今回は、庄内にある温泉施設の中から、女子旅にオススメの3カ所をピックアップ。男性はもちろんのこと、特に女性が喜ぶポイントを中心にご紹介していきます。

※掲載の情報は2021年1月時点のものです。

女性向けのサービス充実で全身ツルツル♪「ギャラリー温泉 町湯」

庄内地方の中心部、庄内町にある日帰り温泉施設「ギャラリー温泉 町湯」。その名の通り町中に位置し、一見「これが温泉施設?!」と思うようなモダンでおしゃれな建物が特徴です。館内には自由に見学できるギャラリースペースもあります。
泉質は低張性アルカリ性の単純温泉。ぬるめに設定されているのでゆっくりと浸かることができ、お肌がツルツルになるので“美肌の湯”とも呼ばれています。

町湯の一番のおすすめポイントは、県内で初めてこちらが導入した本場フィンランド式ロウリュ(熱波)サウナ。
熱したサウナストーンに打ち水をして、マイナスイオンを含んだ蒸気の熱波を浴びるタイプのサウナで、通常のサウナに比べピリピリ感や息苦しさを軽減してくれるため「サウナはちょっと苦手なんだよな…」という方にもうってつけです。
中には2時間程ロウリュサウナと水風呂を行き来する方もいるとか…。

また、町湯に訪れたら是非試していただきたいのが、「シャンプーバー」。
こちらは町湯の女性スタッフのアイディアから生まれたサービスで、スタッフが自ら厳選したちょっと高級なシャンプー&コンディショナーのセットを、1種類100円でミニボトルに入れてお試しできるというもの。
中には1本3,000円以上するものもあるので、気になっているけど購入する前に試してみたいという方にとってもおすすめです。

町湯では他にも女性向けのサービスが充実しており、1枚100円でフェイスパックを購入できる「フェイスパックバー」、ダイソンのドライヤーを8分100円で貸し出しするサービスなどもやっています。ロウリュサウナ内でフェイスパックをする方もいらっしゃるそうですよ。
これらのサービスを駆使して、頭のてっぺんから足の先まで、全身ツルツルになっちゃいましょう♪

【施設情報】
施設名:ギャラリー温泉町湯
住所:〒999-7781 山形県東田川郡庄内町余目字土堤下35番地2
アクセス:庄内空港より車で約20分、JR余目駅より徒歩約7分
電話:0234-43-2222
駐車場:あり
駐車料金:無料
時間:9:00~21:00
定休日:毎月第2水曜日
利用料金
・1回券:大人480円、子ども220円
・1日券:大人680円、子ども300円
・1ヶ月券:大人9,600円、子ども4,400円
・回数券 11回券:大人4,800円、子ども2,200円/24回券:大人9,600、子ども4,400円
・団体入浴料(大人・子ども区別なく15名以上):大人400円、子ども200円
毎月第3土日は変わり湯&アロマサウナでリラックス

毎月第3土日は変わり湯&アロマサウナでリラックス

町湯では、毎月第3土&日曜日に「変わり湯」を提供しています。バラ、ゆず、よもぎ、みかん、レモンなど、その週によって変わり湯の内容は様々。さらに、変わり湯と同じ日に、ロウリュサウナの中でアロマの香りを楽しめるサービスもやっています。
普段とは一味違った香りで、温泉がより楽しくなること間違いなしですね。

お風呂場から庄内平野を一望!食事にもこだわりの「悠々の杜温泉 アイアイひらた」

旧平田町(現酒田市)の標高100mの高台にある日帰り温泉施設「悠々の杜温泉 アイアイひらた」。こちらには温泉のほか、食事処「南麓」、そして日帰り温泉としては珍しく直売所も併設されています。
泉質はナトリウム塩化物温泉。塩分濃度は海水に近く2.78%(海水は約3%)で、庄内でもトップレベル。万能な効能を持ち、疲労回復や関節痛などはもちろん、きり傷や火傷などにも効果があります。

こちらのおすすめポイントは、何と言ってもお風呂場から一望できる景色。ゆったりとお湯に浸かりながら、春は田んぼの水に夕陽が映る様子、夏は緑、秋は黄金色、冬は一面真っ白になった田んぼなど、四季折々の庄内平野の景観を楽しむことができます。
また、ここアイアイひらたは隠れた夜景スポットなんだとか。お風呂場から酒田市街中心部の夜景を眺めるのもまた素敵ですね。

そして、こちらに来たら欠かせないのは何と言っても食事。食事処「南麓」では、地元平田牧場の三元豚を使った「三元豚のロースかつ膳」や「三元豚のデミグラスハンバーグ膳」などのメニューがリーズナブルに楽しめます。
三元豚には疲労回復や美容効果があると言われているので、まさに女子旅にぴったり♪しかもこれらのメニューはなんとご飯とキャベツがおかわり自由なので、お野菜もたっぷり取ることができるのが嬉しいポイントです。

また、酒田といえばラーメンも有名ですが、アイアイひらたでは自家製のスープと酒田市内の人気ラーメン店「花や」の麺・タレをあわせたこだわりのラーメンを提供しています。
しょうゆやみそなどスタンダードなものから、庄内浜で取れた鯛で出汁をとった鯛塩ラーメン、そして冬季限定で地元の特産品である赤葱を使った「赤葱夕日みそラーメン」など、バリエーションも豊富。食事処だけの利用も可能ですので、
是非気軽に立ち寄ってみてください。

【施設情報】
施設名:悠々の杜温泉 アイアイひらた
住所:999-6724 山形県酒田市山楯字南山32-4
アクセス:庄内空港より車で約35分、 JR砂越駅より車で約8分
電話:0234-61-7520
駐車場:あり
駐車料金:無料
時間:8:00~21:00(20:30受付終了)
※2021年1月現在、現在新型コロナウイルス感染拡大防止の為、営業時間を変更しております。
定休日:毎月第1・第3火曜日
利用料金
・1回券:大人450円、小学生200円、幼児・園児無料
・回数券(大人11回券)4,500円

アイアイひらたでは、濃厚なソフトクリームも提供しています。スタンダードなミルク味のソフトクリームのほか、チョコレート、抹茶、夕張メロン、巨峰、あずきなど、季節ごとに違った味のソフトクリームも用意。それぞれの味とミルク味とのミックスも選べますよ。(写真はミルク味とチョコレート味のミックス)
温泉であったまった後は、ロビーでくつろぎながら美味しいソフトクリームを食べる、というのも至極のひとときですね。

庄内で唯一!本格的な食事やスイーツを楽しめる足湯カフェ「Chitto Motché(チットモッシェ)」

鶴岡市のあつみ温泉に位置する庄内唯一の足湯カフェ「Chitto Motché(チットモッシェ)」。こちらでは、お店の目の前にある足湯に浸かりながらスイーツやドリンクなどを楽しんだり、店内でゆっくりとお食事をいただいたりすることができます。さらに併設のギャラリーでは、庄内をはじめとした全国の作家さんによるこだわりの逸品を展示販売しており、自由に閲覧いただくことが可能です。

足湯の泉質は弱アルカリ性。源泉は68度と熱く、冷え性や婦人病、皮膚病などに効果があります。

店名はフランス語から来ているのかな?と思いきや、「ちょっとおもしろい」という意味の庄内弁。その名の通り、お食事やドリンクにもちょっと変わったメニューがあります。
例えば、看板メニューの「クンレナドアッケナカリー」は、庄内弁で「黒と赤いカレー」の意味。コクがあって甘い黒カレーとしっかりとした辛さの赤カレーが一つのお皿に盛られており、見た目もユニークで思わず写真を撮りたくなる一品です。

また、オリジナルメニュー「本わらび餅ドリンク」は、本わらび餅を使用した“飲むドリンク”。「豆乳きなこ」「抹茶みるく」「ほうじ茶みるく」の3種類があり、中に入っているわらび餅を太いストローで吸いながら飲むスタイルになっています。アイスとホットどちらでも注文可能なので、天気や気分に合わせて変えてみるのもいいですね。

そのほかにもエビドリアやパスタ、パフェなどのカフェメニューが充実しているChitto Motchéですが、実はシェフはフレンチ出身。そのため、季節の食材をふんだんに使ったコース料理が実は店員さんのイチオシなんです。こちらは要予約なので、気になる方は事前にお店に問い合わせてみてください。

【施設情報】
施設名:足湯カフェ Chitto Motche(チットモッシェ)
住所:〒999-7204 山形県鶴岡市湯温海甲170番地 *あつみ温泉街内
アクセス:あつみ温泉ICより車で約5分、JRあつみ温泉駅より車で約5分、JR鶴岡駅より路線バスあつみ温泉方面行きに乗車
電話:0235-43-4390
駐車場:あり
駐車料金:無料
時間:10:00~17:30(ラストオーダー16:45)※夜は予約制
定休日:毎週水曜日
足湯利用料金:無料
ご自宅でもあつみ温泉のお湯を楽しめる?!

ご自宅でもあつみ温泉のお湯を楽しめる?!

Chitto Motchéの足湯に流れている温泉は、なんとお持ち帰りすることができます。通常のお風呂と比べお肌がスベスベするのはもちろんのこと、身体が芯から温まってより長い時間ポカポカするのを実感できるとのこと。
持参したボトルに入れることもできるほか、無料でボトルの貸し出しもしているので、大きなボトルは持っていないという方でも安心ですよ。おうちでも温泉気分を味わいたい!という方は是非一度お試しください。

<ライター紹介>

地元ライター:國本 美鈴(くにもと みすず)
埼玉県深谷市出身。早稲田大学国際教養学部卒業後、都内の情報・通信系企業にて新規事業立ち上げやメディアの編成・PR等を担当したのち、2019年7月〜庄内に移住。現在、庄内町地域起こし協力隊観光PR担当として、イベントの企画やSNS等を活用した地域の情報発信などを行うほか、北庄内地域通訳案内士の資格も持つ。これまで訪問した国は45カ国という大の旅好き。庄内の魅力を県内外、そして海外の人にも発信すべく奮闘中!

【作成記事】
親も子も大満足!庄内“子連れ旅”おすすめスポット
徒歩&公共交通機関で行ける!酒田市 町歩きスポット
日本酒だけじゃない!庄内でワインを楽しめるスポット
みんな違ってみんな良い!庄内エリア道の駅特集
働くを楽しもう♪庄内のワーケーションスポット
今更聞けない!?日本有数のパワースポット、出羽三山とは
【観光の舞台裏vol.1】加茂水族館ボランティアガイド「岩ゆり」会長 石名坂績
【観光の舞台裏vol.2】舞娘茶屋「相馬樓」芸妓 小鈴
【観光の舞台裏vol.3】道の駅鳥海ふらっと駅長 白畑 正照
【観光の舞台裏vol.4】「菜の花まつり」事務局 三川町観光協会 今野 徹・澤田 佳子
【観光の舞台裏vol.5】庄内飛龍會 会長 柿崎 淳
【観光の舞台裏vol.6】時を奏でる宿 若葉旅館 若旦那(専務取締役) 矢野 慶汰
【観光の舞台裏vol.7】山伏/出羽三山宿坊 養清坊 当主 星野 博
出羽三山の恵みをいただく“おいしい修行”−羽黒山参籠所「斎館」
絶品“酒田フレンチ”で思わず笑顔がこぼれるひと時を−「Restaurant Nico」