野鳥の宝庫「飛島」でバードウォッチング

1泊2日コース 船、徒歩

山形県唯一の離島「飛島」は酒田港から北西39kmに位置し、定期船「とびしま」で75分で行ける癒しの島です。飛島は渡り鳥の中継地として、春と秋の鳥の渡りの時期には多くのバードウオッチャーで賑わいます。
START
酒田駅から車で7分

1

定期船発着所

ここから始まる!いざ飛島へ!

飛島に渡る定期船「とびしま」の発着所です。
午前の便では、隣接しているさかた海鮮市場で朝定食を食べてから、出発するのがおすすめです。
乗船券を買うには、事前に乗船名簿に住所や氏名などを記載する必要があるので、時間に余裕をもっていきましょう。

定期船で75分

2

飛島

自然と人とふれあう島 離島「飛島」 

山形県唯一の離島「飛島」。
酒田港から北西39kmに位置し、定期船「とびしま」で75分です。
飛島は渡り鳥の中継地として、春と秋の鳥の渡りの時期には多くのバードウオッチャーで賑わいます。
また、大物を求める釣り客をはじめ、花を見ながらのトレッキング客も多くなっています。

3

とびしまマリンプラザ

飛島観光の拠点

平成3年にオープンした飛島の観光拠点です。
外観はスルメイカをイメージしたもので、館内には定期船の乗船券売り場、食事処などがあります。
階段の踊り場に葉にはバードウオッチング情報板などがあるので活用しましょう。
3階からは勝浦地区が展望できます。

徒歩で約40分

4

巨木の森

小さな飛島に大きな木

周囲約10kmの小さな飛島で、タブノキやマツの巨木を見ることができます。
海流の影響で比較的温暖な飛島がタブノキの北限といわれています。
川がなく真水の確保が難しい飛島では、保水力に優れた常緑樹のタブノキは重宝され、島民の手により、積極的に植林されてきた歴史があるようです。
また、巨木の森を抜けると寺島や鳥海山が望める鼻戸崎展望台です。

徒歩で約10分

5

緊急ヘリポート

飛島バードウオッチングのスポット!

飛島には急患の搬送などのためにヘリポートが設けられています。
拓けた地形からバードウオッチングのお勧めスポットとして、カメラを傾けている人も多くいます。

徒歩で約20~30分

6

飛島渚の鐘

日本の渚百選の絶景を眺めながら鐘を鳴らしてみよう

山形県唯一の離島「飛島」で西海岸の荒崎は、「日本の渚百選」に選ばれています。
その荒崎を見渡せる場所にあるのが「渚の鐘」です。
渚の鐘は平成8年度に八幡崎に近い北西部の海岸段丘の上に整備したもので、支柱は天然石、鐘は特注品です。

徒歩で約30分

7

四谷展望台

遊歩道散策をしながら立ち寄ろう

遊歩道を散策していると四谷展望台、四谷ダムがあります。
展望台周辺も拓けているのでバードウオッチングのスポットとなっています。
そばにある四谷ダムではウミネコが飛来して、体の塩分を取り除く光景も見られます。

徒歩で約40~50分

8

舘岩

勝浦港を望むビュースポット

定期船発着所からすぐ、海水浴場の隣にそびえる岩島です。
頂上は、真っ青な海と美しい港の様子が一望できるビュースポットです。
ここの頂上部には「謎の石塁」があり、解読されていない岩絵文字が刻まれた岩もあります。
舘岩は海賊の砦だったなどの伝説がある面白スポットです。
また、ウミネコ繁殖地として国指定天然記念物となっています。

GOAL