午後スタート!酒田市内を1泊2日でじっくり楽しむ旅

(ごごすたーと!さかたしないをいっぱくふつかでじっくりたのしむたび)

1泊2日コース 徒歩

お散歩もかねて徒歩で酒田市内を散策♪ゆっくり歩いて、じっくり酒田市内を堪能してください。
START
庄内空港から庄内空港連絡バスを利用して

1

ホテルリッチ&ガーデン酒田

酒田市の中心に位置する「ホテルリッチ&ガーデン酒田」を本日のお宿に♪酒田市内をめぐる前に先に荷物を預けて、身軽に旅を楽しみましょう!

ホテル内にある庄内の地産地消の食材をふんだんに使ったレストラン「ガーデンナチュレ ふきのとう」もおすすめです。

徒歩 約20分

2

カフェeジェラート モアレ

手作りジェラートの店 約20種のジェラートやシャーベットが味わえます

毎日店内で手作りのフレーバーは、旬の地元の果物や野菜にこだわっています。バニラやチョコレートといった定番の味も厳選された素材を使用しています。
ジェラートの他にモチモチ食感のパスタも大人気メニューです。

徒歩 約10分

3

日和山公園

港の繁栄の歴史を示す多くの遺物が点在する日和山公園

日本海に沈む夕陽が旅情をかきたてる日和山公園は、桜の名所でもあり、毎年4月中旬には酒田日和山桜まつりが開催され、ソメイヨシノなど約400本の桜が咲き誇り、夜はボンボリでのライトアップも行われます。
園内には、日本最古級の木造六角灯台や方角石、往時活躍した千石船(1/2で再現)などがあり、港町の風情を醸し出しています。六角灯台越しには酒田港や最上川河口を一望でき、日本海に沈む夕陽を観ることができます。

徒歩 約5分

4

山王くらぶ

日本三大つるし飾りの常設展示がある「山王くらぶ」

明治28年建築の料亭「山王くらぶ」が、110余年の時を経て、新たな観光拠点として生まれ変わりました。この建物は外観もさることながら、本市で一、二の格式を誇った老舗料亭にふさわしく、各部屋ごとの組子建具、床の間などは銘木をふんだんに使った優れた意匠となっています。
館内には、北前船で賑わった時代を中心とした展示エリアと日本三大吊るし飾りの傘福の常設展示室などがあります。
また、ここでは傘福の製作体験もできますので挑戦してみましょう。

【2日目スタート】
徒歩 約20分

5

さかた海鮮市場

新鮮な庄内浜の魚介が買える!味わえる!

さかた海鮮市場は酒田港のすぐそばにあり、日本海で水揚げされたばかりの新鮮で美味しい魚を取り揃えています。
1階の菅原鮮魚では、地魚を中心に取り揃えており、調理方法のご案内や、お持ち帰りに便利な箱詰めも依頼できます。2階に食事処「海鮮どんやとびしま」があり、酒田港を眺めながら、海鮮丼や舟盛膳などの食事を楽しむことが出来ます。
また、ウッドデッキや送迎テラスから酒田港を一望できるのも魅力で、定期船とびしまのお見送りをする人も多くいます。

徒歩 約15分

6

山居倉庫

湊町・酒田のシンボル「山居倉庫」

米どころ庄内のシンボル山居倉庫。明治26年(1893)に建てられた米保管倉庫です。 米の積出港として賑わった酒田の歴史を今に伝え、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」のロケーション舞台にもなりました。 白壁、土蔵づくり9棟からなる倉庫の米の収容能力は10,800トン(18万俵)。夏の高温防止のために背後にケヤキ並木を配し、内部の湿気防止には二重屋根にするなど、自然を利用した先人の知恵が生かされた低温倉庫として、現在も現役の農業倉庫です。 敷地内には酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」、庄内米歴史資料館が併設され観光客で賑わっています。 樹齢150年以上のケヤキ36本の連なるケヤキ並木の色合いは、季節とともに変わり見る人を魅了します。 ※庄内米歴史資料館について>詳しくはこちら

7

庄内空港

お疲れ様でした。
気をつけてお帰り下さい!

GOAL